世界各国が新型コロナウイルスの感染抑制と経済活動の両天秤で、揺れ動いている。緊急事態宣言が解除された後の日本では、東京の新規感染者数が連日100人を超えている。アメリカでも感染者の増加が止まらず、カリフォルニア州では1日、大半の地区でレストランの店内飲食を禁止し、バーやパブなどの営業停止を命じ、制限措置の再導入を決めている。

 どの国も、経済を優先させるべきか、感染防止を優先させるべきかで難しい判断を迫られている。

 中国では、6月、北京での新規感染者の発生で、移動制限がかかったが、7月4日の市政府の発表によれば、6日連続で新規感染者数が一桁台になっていると発表しており、現在ではほとんどの地区で移動制限は解除されたようだ。

 中国経済は、6月30日に発表された官製・製造業PMIが市場予想を大きく上回る50.9ポイントとなるなど、順調に回復しているように見える。とはいえ、一部の業界では存続の危機にあって、生き残りに向けて必死の経営努力が続けられている。

 感染抑制のために最も重視されるのが、人の移動を制限する措置である。交通関連、中でも航空会社はその影響を強く受ける産業であり、競争が激しい上に、典型的な設備産業であり、売上の変化に対する利益の変化割合が大きい。感染拡大の影響を受け、経営危機が深刻化している。世界全体をみれば、豪ヴァージン・オーストラリア航空やタイ国際航空が経営破綻しており、ドイツ・ルフトハンザ航空は政府支援を得て、ようやく経営破綻を免れたといった状況である。

 中国の航空産業は国際航空、東方航空、南方航空といった3大国有集団を中心に系列化が進んでおり、国家の支援の厚い産業である。しかし、経営が厳しいことには変わりなく、売上の減少は顕著だ。合理化にも限界がある。こうした状況で東方航空は、顧客獲得を目指し、強烈な値引きを始めた。

 東方航空は6月18日、週末“随心飛”という名称の商品を発売した。消費者は3322元(5万827円、1元=15.3円で計算、以下同様)でこの商品を買えば、今年の年末までの間、土曜、日曜に限り、空席があれば、東方航空のエコノミークラスに乗り放題となる。

 国際便はパンデミックが収束しない中、事実上の渡航制限がかかっている国・地域が多く、依然として回復のメドは立たないが、国内便は企業の生産がほぼ回復していることから、ビジネス客を中心に客足が戻りつつある。

東方航空に続き、華夏航空、海南航空も

 民航資源網が7月1日に発表したデータによれば、6月の1日当たり平均離着陸機体数は22470機で、5月と比べ18.8%増加。月中の最高であった日は、2016年の平均にほぼ並ぶ水準であり、これはアメリカよりも21.5%多い数字だ。

 ただ、ビジネス客に比して、旅行客の利用が少ない点は否めない。土日の乗客率が低く、東方航空はこの点を改善させるために今回のような乗り放題キャンペーンを打ち出したと見られる。

 正式なデータは発表されてないが、業界関係者らの予想では3万3000セットを販売、金額にして1億1000万元(16億8300万円)程度の売上になったとみられる。キャッシュフローの補填が目的ではないかといった意見もあるが、この程度では焼け石に水である。

 また、中国本土メディアによれば、この商品のメディア向け広告宣伝費だけで8000万元(12億240万円)を超えるといった推計もある。実際の収益改善効果というよりも、これから夏の旅行シーズンに向けて、消費者の需要を刺激することが目的だと見られる。

 東方航空の商品が業界に与えたインパクトは大きく、華夏航空、海南航空などが金額、条件は少し違うものの、同様のコンセプトである乗り放題商品を売り出している。業界を挙げての激しい競争が、新型コロナで冷え切った需要の掘り起こしに繋がる可能性がありそうだ。

 もし日本でもJALやANAが年内週末乗り放題で5万円といった商品を売り出したとしたら、消費者は飛びつくのではなかろうか。人が動けば地方経済も潤うことになる。

 Go To Travelキャンペーンにおける政府補助と絡めれば、航空会社の救済ばかりか、全国の小売、レストラン、エンタメ業界に対する強力な支援に繋がる。もちろん航空会社にとっては赤字拡大につながる可能性もあるが、その場合は国が航空会社を支援すればよいのではないか。官民一体となってこの難局を乗り越えるべきだろう。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサルティングなどを行うTS・チャイナ・リサーチ代表。メルマガ「田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株」(https://foomii.com/00126/)、ブログ「中国株なら俺に聞け!!」(http://www.trade-trade.jp/blog/tashiro/)も展開中。