新型コロナの感染者が再び増加傾向にあるなか、稼ぎたいとは思っても、外でバリバリと働くのは抵抗がある。そんないま、通勤リスクをできるだけ回避すべく、ご近所でできる仕事も注目されている。移動時間の無駄をなくし、効率よく稼ぐことができるご近所仕事は家事の合間にできると人気。実際に、近場のどのような場所で、どういった仕事があるのか。主なものを紹介しよう。

買い物代行(指定の商品をピックアップして、1回1050円〜)

 食事のデリバリーサービス『ウーバーイーツ』が注目を集めているが、スーパーなどでの買い物代行の希望者も増えており、スタッフの募集も増加中。その1つが、日本発の地域密着型買い物代行サービス『ツイディ』だ。現在は東京の渋谷、三田、世田谷、中野の一部エリアで、特定のスーパーなどでの買い物代行を行う“ツイディクルー”を募集しており、ピッキングクルー(買い物担当)は1時間以内に3〜4か所で買い物をして1050円。

 デリバリークルー(運ぶ人)は、1時間以内に3〜4軒に商品を届けて1050〜1200円。エリアは店舗から半径約2㎞以内とされている。保険も完備で、新型コロナなど特定の感染症に感染した場合の補償特約もある。

清掃・草むしり(空き室清掃1件1000円〜、草むしり1袋1000円)

 マンションの共用部の清掃や、小売店での商品陳列などの単純業務をご近所の主婦が代行する“ご近所ワーク”という働き方が広がりつつある。主婦向け人材サービスを提供する『ビースタイルグループ』が2年前より行っているのが『ご近所ワーク』。

「ガッツリ稼ぐというより、1日数時間、月に数回、すき間時間を利用して働きたいという主婦にぴったり。マンションの共用部の清掃なら1件700〜4000円(20分〜1時間半)、空き家の点検・清掃なら1件1000〜4000円。草むしりの仕事なら、20リットルのゴミ袋1つあたり1000円が目安です」(同社広報・兒玉有希さん)。

 草むしりの場合、鎌や草刈り機などの道具の持参は自由。作業前後の現場と草を入れた袋を撮影すればOKだ。

現場待機(分譲住宅完成物件の受け付け、子連れOKで時給1200円)

『ケイアイスター不動産』が募集している『近キョリワーク』は、分譲住宅公開物件で待機するのが主な仕事だ。自宅の近くの場所で、好きな時間(週1日、1日2時間から勤務可)、なんと子供同伴でも働ける。現在、人員を拡大中で、定員1000人を募集中。登録者は、主婦を中心に20〜60代と幅広い。

 仕事は簡単。公開物件で待機し、来場者があれば受け付けをして、営業スタッフに連絡をするだけ。土・日・祝日の10〜16時で、時給は1200円。その他、ポスティングの仕事もあり、こちらは平日限定10〜16時で時給1000円。年齢・経験不問だが、ネット予約制による勤務のため、スマホ所持は必須だ。

写真撮影(学校、スーパーなどの指定施設を撮って1500円)

 写真サイトに自分が撮影した写真を投稿し、使用料を稼ぐ仕事があるが、ライバルも多く、購入されなければ収入にならないため、コンスタントに稼ぐのは難しい。確実にお金になるのが、先に紹介した『Sohos-Style』で募集している“指定の施設を撮影する”仕事だ。

「これは、不動産物件をネットで紹介する際に、近くの施設として学校やスーパーなどの情報を入れるのですが、それらの施設をスマホで撮影するのが仕事です。ご自宅などの近場で募集があれば、すぐに応募を!」(同社広報・山本誠さん)。

 撮影方法などは細かく指示されるので初心者でも安心。仕事を受けてから写真を納品するまで数日あるため、自分の都合で行えるのも人気の理由だ。

※女性セブン2020年8月13日号