会社員版“将来の夢”ともいえる目標設定やキャリアプラン。会社の人事評価にも影響するだけに、上司と相談して完成させる人も多いだろう。自身のビジョンが明確でスラスラ書ける人がいる一方で、うまく書けない人もいる。目標設定に苦しむ20〜30代の若手社員たちのネックになっているものは何か。

 30代の男性商社マン・Aさんは、就活で多用される「ビジョン」や「キャリアプラン」といった言葉に飽き飽きしたにもかかわらず、入社してからもずっと目標設定を強いられる現状にほとほと嫌気が差していると明かす。

「キャリア面談で提出しなくてはならない目標設定やキャリアプランって、意味があるのか疑問です。だって、いくら5年後や10年後どうなっていたいか書こうが、状況は常に変化しているわけですし、その時になってみないとわからないことも多い」

 Aさんが勤務する企業では、期ごとに部署のMVPが発表される。多くの社員はそれを目標に頑張っている面もあるというが、Aさんは否定的だ。

「他の社員たちを見ていると、目標がその賞を取ることにすり替わっている感じがします。長期的なプラン設定の“踊り場”的な感じでモチベーション維持に貢献しているのでしょうが、MVPを獲得すると、もうそこが人生の頂点とばかりに泣く人もいて、何か違和感を抱いてしまいます。目標なんて変わるかもしれないし、5年後や10年後のことなんて自分でもわからない。そもそも、ずっと同じ会社にいるかもわからないくらいです。目の前の仕事と真摯に向き合い続けることがすべてなのでは」(Aさん)

 IT企業に勤める30代の女性会社員・Bさんは、キャリアプランについて「何も書けなかった」とため息交じりに言う。

「短期的な目標は、まだわかるんです。いつまでに何をどのくらいする、みたいな。でもそれとは別の『キャリアプラン』になると、正直何も書けません。キャリア面談用のシートがあるんですが、キャリアプランを書くための大きな欄に困り果てました。結局どうがんばっても言葉が出てこず、『なるべく働き続けたい』という一行だけを書いて出したら、チームリーダーから呼び出しをくらい、書き直しを命じられました」(Bさん)

 Bさんが「それ以上特にない」という一点張りをしたため、チームリーダーはお手上げ状態。勝手に文章を足して部長に提出していたという。

「新入社員の頃は、広報部に行って、何をしたい……といったことは一生懸命書いていましたよ。でも、これまでの経験上、どこの部署に行って何をしたい、という希望を書いたところで、そこに異動できるわけじゃない。だったら書くだけ無駄だし、来年会社にいるとも限らない。

 あとは私が女性だからでしょうが、キャリアに紐付けるように、結婚のことも探られます。今すぐの予定はありませんが、しないつもりもない。もしかしたらずっと独身のことだって大いに有り得る。仮に私が結婚して出産し、育休などをとったら仕事の采配が変わる、みたいな会社の都合はわからなくもありませんが、そんなこと今聞かれても……。キャリア的なことって、そんなにプランニングしなきゃだめでしょうか?」(Bさん)

 一方で、せっかく作ったキャリアプランが否定されるケースもあるようだ。都内私立大を卒業し、メーカーに入社した20代の男性会社員・Cさんだ。

「一度、キャリア面談で『社長になりたい』と言ったら、『お前には無理』『能力を見つめ直せ』と、猛烈にダメ出しされました。じゃあ聞かないで欲しいです。無理や能力が足りないというのであれば、どういう部分を僕が磨けばいいのか、指南してくれるのが上の人の仕事じゃないんでしょうか?」(Cさん)

 そんな健気で上昇志向のCさんだが、会社の方針は残酷なものだった。

「入社時点で、なんとなくエリート路線に乗る学歴や、部署が決まっているようなんですよね。例えば、同じ同期でも、東大出身の人は本社の経営部門に行きやすかったりします。役員になる人は、だいたいこういう部署に行く、という“コース”があるみたいで、同期がそういう部署に行くと、“あ、こいつは上に行く人間なんだな”とわかるんです。

 そうなると、僕が経営戦略みたいな“エラい”部署に行きたいと思うとするじゃないですか。で、仮に行けたとしても、一定以上の管理職にはなれないことが明白なんです。別に管理職になりたいわけではないですが、逆に、僕にはどういうキャリアの可能性があるのか、教えてほしいくらいです」(Cさん)

 キャリアプランに縛られる会社員たちの苦悩はいつまで続くのだろうか。