人生100年時代、初めて迎える超高齢社会を突如襲ったコロナ禍に、暗澹たる気持ちで過ごしている人も多いのではないか。翻って、『還暦からの底力 歴史・人・旅に学ぶ生き方』(講談社現代新書)の著者で、立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明さん(72才)と、『70才のたしなみ』(小学館)の著者で、昭和女子大学理事長・総長の坂東眞理子さん(73才)は意気軒昂だ。2人は同世代で、ともに異分野から大学の学長、総長になり、後半生の生き方を説いた著書は現在20万部を超えるベストセラーになっている。コロナに心を押し潰されずパワフルに生きる2人が、コロナ禍の大学のあり方に関して語り合った。

坂東:新型コロナウイルスの流行は1月頃には想像もつきませんでしたが、あれよあれよという間に世の中が様変わりしてしまいました。昭和女子大学は創立100周年のアニバーサリーイヤーで様々な計画がありましたが、すべて見直しです。

出口:APUも今年は開学20周年ですが、やはり計画を端から見直して、来年に繰り延べました。

坂東:とても残念でしたが、愚痴を言っても仕方がない。この環境で自分たちは何ができるのか頭を働かせて実行するしかありません。考えてみたらコロナに限らず、そもそも人生は予期せぬ出来事の連続です。想定外の局面で自分がどれだけベストを尽くせるか――それこそ出口先生のおっしゃる“底力”であり、力量の見せ所なのだと感じます。

出口:同感です。ぼくはコロナは自然災害と捉えています。つまり、人間にコントロールできないものが来てしまった以上はあきらめるしかないと。台風と同じですよ。なんでこんな世の中になったのかとクヨクヨせずに現実を受け入れて、どう対応するかを前向きに考えるべきです。

坂東:「私の日頃の行いが悪いからこんなことになってしまったんだわ」なんて悲観しない、と(笑い)。

出口:自然災害ですからいつかは必ず終わります。心配ないのです。ビル・ゲイツは最短9か月でワクチンを開発できると言っていますが、人間の能力を信じれば、この先近いうちにできると思います。「ウイズコロナ」はワクチンや薬ができるまで。今はニューノーマルとされるマスク、手洗い、ソーシャルディスタンスを守ることが必要です。でも「アフターコロナ」に入れば一般論としてコロナはインフルエンザの1つになるわけで、友人の表現を借りれば、ハグも握手もし放題だと。そんなに心配しなくても大丈夫ですよ。

坂東:本学では先月、上半期のオンライン授業を終えた翌日に新入生の集いをしましたが、開催には慎重になるべきではないかという反対意見が相当数ありました。それを踏まえて大学としても念入りに準備をしました。

 希望者だけの自由参加にして、参加者を3回に振り分けて密にしない、体温検査をするなどいくつも対策を重ねた上で「不要不急の集まりではなく、何より学生にとって大事な集まりなんです」とお話をして了承を得ました。おかげさまで無事に終え、学生たちが「初めて先生や友達に会えました!」などと喜ぶ姿を見て、つくづくやってよかったと感じました。それでもやはり「何かあったらどうします?」という意見が満ちていました。

出口:何もしないことがいちばん安全で万全の策ですから、とね。保守的な土壌はAPUにもありますよ。そこでぼくはいつも「では全国の小学校や中学校、高等学校はどうしているでしょうか」と問いかけます。みなさん、制約のある中で智恵を絞って一所懸命に教育をしていらっしゃいます。それなのに大学の先生は怖い怖いといって、ずっとロックダウンしていていいのですかと。

坂東:昭和女子大学も附属校は授業をしているのに大学だけクローズドです。社会の雰囲気に流されず、自分で判断、選択をして最後までやり遂げる女性を育てましょう――そう教育指針を掲げているのに、教員が「周囲と足並みを揃えよう」「目立つと叩かれる」と気にして、自主規制していては良い手本になれません。

出口:その通りです。APUも上半期はすべてオンラインで授業を進めましたが、秋からはオンサイト(大学で)の授業を始める方向で今検討しているところです。危険を恐れていたら何もできません。そもそも100%のリスクフリーなんて、世の中にはあり得ないのですから。

【プロフィール】
◆ばんどう・まりこ/昭和女子大学理事長・総長。1946年生まれ。東京大学を卒業後、1969年に総理府に入省。1998年に女性初の総領事(豪州・ブリスベン)に。2001年に内閣府初代男女共同参画局長を務め退官。2004年に昭和女子大学教授、2007年に同大学学長、2014年から理事長、2016年より現職。

◆でぐち・はるあき/1948年生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。ロンドン現地法人社長などを経て2006年に退職し、同年ネットライフ企画(後のライフネット生命保険)株式会社を設立。社長、会長を10年務めたのち、2018年より現職。

※女性セブン2020年8月20・27日号