大人も子供もSNSを使うようになった今、大人の何気ない発信に、子供たちの考え方やライフスタイルが影響されることもあるようだ。なかでも最近、注目を集めているのは「お金の使い方」に関して。あるTwitterユーザーが、「大人オタク」のお金の荒い使い方に関するツイートが、それを目にした子供の金銭感覚に悪影響を与えているのではないか、と投稿したことも反響を呼んだ。実際のところどのような影響があるのか、リアルな声を集めた。

 小学5年生の息子をもつ30代の女性・Aさんは、スーパーで契約社員として働きながら、Twitterに、日々思ったことを投稿していた。わざわざ友人に言うほどでもない他愛もないものだったが、これが波紋を呼んだ。

「『塾代や学校関係でお金がかかるなあ』みたいなつぶやきを投稿したんです。本当に何気ないもので、私としては『だから仕事がんばろう』という意味合いでした」

 だが、あろうことか、その投稿を息子の友人の親が見ており、回り回って息子の耳に入ってしまったという。そして、思わぬ事態が起きてしまった。

「息子が『お金がかかるし、もう塾はやめる』って言い出して……。『そもそも別に僕は塾に行きたいとも言っていない』『子供にはお金がかかるってわかりきってることじゃん!』とまで言わせてしまい、傷つけてしまいました。こちらがそのつもりはなくても、受け取り方はそれぞれですよね。せめて匿名とか、身バレしないようにしないといけないと痛感。Twitterはしばらく休止します」(Aさん)

 親子間だけではない。YouTubeやSNSでの見知らぬ大人の投稿も、子供に少なからず影響を与えているようだ。40代の男性会社員・Bさんは、中学生の息子が夢中になっているYouTubeに危機感を募らせる。

「YouTubeでスマホゲームのガチャ動画やカードゲームパックの開封をよく見ていた息子が、自分もYouTuberになってやってみたいというようになりました。単純にやればいいというものではなく、きちんと再生される(稼げる)ようになるためには、他にもいろいろ努力が必要なんだよと一旦諭しましたが……」(Bさん)

 Bさんは、YouTubeを見るようになってから、息子のお金の使い方が明らかに荒くなったと顔を曇らせる。

「お年玉はすべてガチャに費やすし、『高校生になったらバイトするから、その前借り』と、何かにつけてお小遣いをせびってくる。私も高校時代、親からもらった昼食代を好きなゲームソフト代として貯めていた経験があるので、気持ちはわかる。でも、息子の場合、あまりにもお金の使い方が極端というか、大人に近づきすぎている気がします」(Bさん)

 いわゆる“大人買い”は、多くの人が子どもの頃に憧れるものだが、20代の男子大学生・Cさんは、「大人の○○万円かかったという投稿は、目にするだけで嫌な気持ちになる」と嘆息する。

「社会人のSNSを見ていると、○○万円費やした、爆買いした、みたいな投稿が目に付きます。お金をつぎ込まないと愛が足りないみたいな考え方を目にして、辛い気持ちになった時期もありました。SNSは便利ですが、人と比べてしまい、劣等感にさいなまれたり、自己肯定感が低くなったりすることにもつながるので、必要以上に見ないようにしています」(Cさん)

 いまやインターネットやSNSは子供たちも使う時代。大人たちの投稿にもモラルが問われているのではないか。