自分らしく最期までに生き抜くには、心が休まる「家」が必要だろう。長年住み慣れた家が“終の棲家”となる人もいれば、地方へ移住したり、介護施設に入ったり、その選択は人それぞれだ。

 南房総の里山、東京から最も近い棚田である大山千枚田を越えた先に、広大な農村地帯が広がる。ここは、千葉県鴨川市にある「鴨川自然王国」。この地に居を構えるのが、歌手の加藤登紀子(76才)だ。

「率直に言って、どこにいても私は私だから、終の棲家はどこでもいいの。でも、夫がこの地を残してくれたことには感謝しています」(加藤・以下同)

「王国」は加藤の夫で、学生運動のリーダーだった故・藤本敏夫さん(享年58、2002年7月逝去)が有機農業を中心とした理想の農業を行うため、1981年に設立したもの。1972年に藤本さんと結婚したのち、3人の子供を育てながら歌手活動をしていた加藤は「東京を離れて田舎暮らしをしたい」と急に言い出した夫の提案に賛同するも鴨川には移り住まず、東京と千葉を行き来する生活を送っていた。

 この間に農作業を学んだ加藤は、2002年に藤本さんが肝臓がんで亡くなると、夫の遺志を受け継いで「王国」の主になった。現在も歌手活動の傍ら、時間を見つけてはこの地を訪れている。

「いまは娘(次女で歌手のYae・44才)とその家族が住んでいますが、ここは藤本家の実家という位置づけで、正月になると家族みんなが集まって賑やかです。私は“皇太后”だから、好きなときにやって来て、居候するような感じ(笑い)」

 現在は約1ヘクタールを超える田畑で米や約50種類の野菜を育て、併設するカフェには東京から来る多くのリピーターがわいわいと集う。加藤は「田舎には絶えることがない変化がある」と話す。

「風雪の厳しさや、天気で左右される変化の激しさは劇的なほどです。東京は一定の状態が保たれるけど、ここは季節ごとに変化して、放っておけば朽ちていきます。夏はセミや鳥や虫の音がやまず、冬は一面が真っ白になるほど雪が積もり、しんと静まり返ります。自然の影響を肌身に感じる場所です」

「これからどうやって暮らそうか」と未来を探す場所

 時には大自然が牙をむく。昨年9月、台風15号が房総半島に上陸した際、現地にいた加藤は約2週間の停電を経験した。

「あのときは、自家発電のある集会所に地域の皆さんが食料やビールを持って集まって、毎日酒盛りでした(笑い)。被害は大きかったけど、ここに住む人々は自然の怖さを知っているから地に足がついていて、お見舞いに行った私が逆にパワーをもらいました」

 人々が厳しい自然と共生しながら、人と人とのつながりを大切にするこの地は、「未来を探す場所」でもある。

「もちろん地域には私と同世代も多いけど、別の場所から移り住んでくる若い世代も増えているんです。私は『息子たち』と呼んでいますが、ここに集まる若い人たちは“これからどうやって暮らそうか”と未来を見ているので、時代の先端にいる感じがします。それに都会だとアポを取ってどこかに行かないと人に会えないけど、ここはじっとしていてもいろんな人に会える。昔の日本の家で、縁側にいると誰かが訪ねてくる感じで、人やものとの出会いや発見がおもしろく、“いま”を生きられます」

 老後に無機質な都会を離れ、田舎で余生を暮らしたいと願う人は少なくない。現在も東京と千葉を行き来して精力的に歌手活動を続ける加藤も、コロナ自粛を経験してから、終の棲家としての「王国」を意識し始めたという。

「藤本が亡くなった当時は若者が田舎に移住することはまだ少なかったけど、20年の間に本当に変わりました。しかもコロナの影響で、さまざまなことが『東京じゃなくてもいい』という風潮になっていますよね。私自身、日常がいかに素晴らしいかを再確認して、鴨川にすべての拠点を移すこともありかもなぁと思い始めています」

※女性セブン2020年9月24日・10月1日号