1〜3月生まれの「早生まれ」は、4〜12月生まれの「遅生まれ」と比べて、学歴や収入、人間関係で不利になる──。東京大学大学院教授の山口慎太郎さんは7月、それを統計的に証明する新たな論文を発表。インターネットを中心に大きな話題となった。

 山口さんによると、「入学した高校の偏差値を比べると、3月生まれの子は4月生まれの子より4.5も低いことがわかりました。大学進学率が低いという研究報告もあります。大人になってもその差は解消されず、早生まれの人は30〜34才のとき、早生まれ以外の同世代より所得が4%低いという研究報告も出ています」という。

 早生まれが不利になる背景には、単に生まれたタイミングだけでなく、入試制度も関係しているという。山口さんが話す。

「偏差値の高い高校へ進む傾向がある遅生まれの子は、レベルの高い教育を受け、いい大学、いい会社に入るという流れに乗りやすい。早生まれの子供はその逆で、負のスパイラルに陥りやすい。入試制度が子供のときに生じた差を固定化するのです」

 幼少期からの差が固定化される現象は、スポーツの世界でも起きている。アイスホッケーが盛んなカナダでは、体格に恵まれた1〜3月生まれ(カナダでは遅生まれにあたる)が幼少期から選抜メンバーとしてエリートコースを歩みやすいため、カナダの代表選手は、ほぼ遅生まれだという。

 日本では近年、受験競争がどんどん若年化している。そのため、“お受験”の現場では早生まれの不利を考慮し、私立・国立小学校の多くが生まれてからの月で数える「月齢」を踏まえた選考を行っている。

「運動会で手をつないでゴール」は必要かも?

 こうした研究結果に不安になるのは、やはり早生まれの子供をもつ親だろう。『偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法』(角川SSC新書)著者の杉山奈津子さんは、2月28日生まれの息子を育てる親としてこう語る。

「現在息子は小学1年生です。小1の段階では、早生まれと遅生まれで、幼稚園の年少さんと小2くらいの差があるように感じます。息子が幼稚園のとき、1kmのマラソン大会があったのですが、走るのが遅い息子にとって後々のコンプレックスにならないか心配でした。『運動会で手をつないでゴールさせる』という近年の小学校の配慮について、以前は意味のない行いだと思っていましたが、成長差を見ていると10才くらいまでは必要なのかもしれないと考えるようになりました」

 杉山さんは、早生まれの息子がほかの子より出遅れていることで落ち込まないよう、最大限の注意をしながら子育てと向き合っている。

「『あの子はできるのに、なんでできないの』という叱り方は厳禁。『早生まれなんだから遅れていて当然』と認識して、まずは挑戦したことをほめる。親が失敗を叱ると、チャレンジするのをやめて、ますます成長が遅れる恐れがあります」(杉山さん)

 この意見に、教育評論家の親野智可等さんも同意する。

「最もまずいのは『うちの子は3月生まれだからダメだ』と親が思い込むことです。そういう否定的な考えは子供に伝わり、実際にそうなってしまう可能性を高めます。親に限らず、教員も同じです。

 教育現場にいた実感としては、子供の成長は中学生以上になると、生まれた時期よりも個人の性格の差がはるかに影響してくる。山口教授も提言されていますが、非認知能力(*)に目を向けることはとても重要です。お茶の水女子大学の内田伸子名誉教授の研究でも、難関大学に合格した子たちは幼少期にたっぷり遊んでいたというデータがあります」

【*認知能力とは、IQテストや学力テストなどで測る「頭のよさ」を指し、一方の非認知能力とは、「最後までやり抜く力」や「自制心」「他人といい関係を築く力」など、社会性、情緒、内面の能力を指す。近年の研究で、社会的に成功する人は非認知能力が高いことがわかってきている】

遅生まれのデメリット、早生まれのメリット

 早生まれによって、幼いときにある程度の能力差が生じることは仕方がない。しかし、それだけが人間性を作り出し、将来を左右すると考えるのは大間違いだ。実際、成長の過程で早生まれよりコンプレックスを抱きにくい遅生まれは、競争心が芽生えにくいというデメリットがある。4月2日生まれで学年最年長だった斉藤まゆみさん(仮名・37才)は自らの体験をこう振り返る。

「子供の頃は、勉強も運動も何をやっても勝手に1番になっていました。そのおかげで努力するクセがつかず、中学に入ってから一気に周囲に追い抜かされて、どんどん取り残されていきました」

 一方で早生まれには、コンプレックスをバネにするタイプも多い。杉山さんが言う。

「私の夫は、早生まれに近い12月31日生まれで、子供の頃は運動ができないことに悩んでいたそうです。それを跳ね返すため、勉強を頑張って東大理科3類に合格した。コンプレックスを持ちやすい早生まれは、何か特定の分野で結果を出そうと努力する人が多いといいます。親としては、その姿を応援してあげたいですね」

 ネット上では「オタクには早生まれが多い」という説もあるらしいが、それは、早生まれほど特定の専門分野への集中力、執着心が強くなりやすいためだろう。その専門性を武器にした生き方ができるよう、子供の才能を見守ってあげる親の余裕が大切だ。

※女性セブン2020年10月1日号