歯科治療は長引くと大きなお金がかかる。生涯を通じての歯科治療費を大きく減らせる可能性があるのが、正しい知識をもとにした「予防」である。『週刊ポストGOLD 得する医療費』より、歯科衛生士の太田由美さんに「予防歯科」のポイントを解説してもらった。

【1】必ず「フロス」を使う

「歯ブラシだけでは、必ず歯間部に磨き残しがあります。だから、正しいセルフケアには、デンタルフロスや、歯間ブラシが必需品なのです」(太田さん・以下同)

 フロスで奥歯を清掃するのが難しい、という人もいるが、簡単に解決できる方法があるという。

「フロスを巻きつけるのは“中指”。そして左右の人差し指の腹で、ピンと張って歯間に入れます(写真参照)。この方法なら奥歯まで簡単に届きますよ」

 フロスは、歯肉に1〜2ミリほど優しく入り込ませ、歯に巻きつけるように引き上げる。これでも難しいという人は、「Y字型」のフロスを使用してほしい。フロスには、水分を含むと膨れるタイプや、平たいテープ状のタイプなど様々な種類がある。口の状態を歯科衛生士に診てもらって、適切な道具を選ぶことが重要だ。

 歯間が開いてしまっている人は、フロスよりも歯間ブラシのほうがいい場合もある。

「歯間の幅より太い歯間ブラシを使用すると、歯肉を傷つけてしまいます。個人差がかなりあるので、歯科衛生士に適正サイズを聞いてください」

【2】磨き残しをチェックしてもらう

 虫歯や歯周病の原因となるプラークには、とても強い粘着力がある。

「一生懸命に磨いている人でも、意外にプラークが落ちていません。特殊な液体をかけると、磨き残しがすぐに分かりますので、時々歯科医院で確認してもらって、磨き方に注意しましょう」

【3】クリーニングを受ける

 定期的に歯科医院でクリーニングを受けることも、予防歯科の大切なポイントだという。

「どんな人でも、磨けていない部分があって、そこの歯周ポケットにプラークや歯石が溜まります。これは、専門的な道具を使わないと清掃できません」

 虫歯や歯周病に気づいてから治療すると、多額の治療費がかかることになる。予防歯科で、命拾いした人もいるという。

「定期的に通院していた患者さんで、口腔がんを発見されたケースもありました。幸い早期だったので、手術を受けて事なきを得たそうです」

 予防歯科にも、保険と自費の設定がある。まずは、かかりつけの歯科医院に相談してほしい。

■取材・文/岩澤倫彦(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2020年10月1日号増刊『週刊ポストGOLD 得する医療費』より