緊急事態宣言の解除から3か月超。新型コロナウイルスの感染拡大ペースは落ち着いてきたように見えるが、まだまだ予断を許さない状況が続く。それだけに、今でも外飲みを控え、家飲みを続けている人も多い。しかし、すっかり家飲みに慣れる人がいる一方で、そろそろ限界を感じ始めたという人もいるようで……。リアルな声を集めた。

「先日、久しぶりに一人で飲みに行きました。やっぱりお店で飲むのはいいですね。最高です。家飲みはもう飽きましたし、家でお酒を飲んでもストレス発散になりません」

 そう話すのは、30代の男性会社員・Aさん。新型コロナ以前は家飲みと外飲みの比率は2対8くらいだったというが、以後は逆転どころか、完全に家飲み優勢になっていた。

「僕のお気に入りの店はソーシャルディスタンスがとれないような狭い店が多かった。店主やお客さん同士との距離感が近いことが、お気に入りのポイントだったのです。家飲みは、一人で飲んでいると飲みすぎてしまうし、オンライン飲み会は味気ないうえに、同じ空間が共有できていない寂しさがある。安心して居酒屋という空間で、対面でくだらない話をしながら飲めるようになってほしいです」(Aさん)

 20代の女性会社員・Bさんは、自宅にストロング系チューハイとビールの段ボール箱の“在庫”を抱えており、家飲みに飽きてきた今、どう処分しようかとため息をつく。

「オンラインではなくてリアルで誰かと一緒に飲みたいです。元々、会社帰りの一杯がよい息抜きだったのですが、在宅勤務になると結構孤独だし、飲む時まで一人というのは寂しい。コロナ前は誰かと会話を楽しむためにお酒を飲んでいたのに、家飲みになると、確実に“酔う”ために飲んでいる印象です」

「妻には悪いが、家のつまみも飽きてきて…」

 Bさんが外で飲みたい理由は他にもある。それが、家では作ることが難しい居酒屋メニューの存在だ。スーパーのお惣菜をつまみにするのは、もう飽きたのだという。

「家飲みが長く続くと、お惣菜で飲むことに限界を感じています。例えば、お鍋はやっぱりお店で食べた方がおいしいし、ワイワイできるじゃないですか。それから焼き鳥、あん肝、白子ポン酢、えいひれ、カニ味噌、馬刺し、梅水晶あたりは居酒屋ならではですし」(Bさん)

 40代の男性会社員・Cさんは、最近はもっぱら路上飲みと家飲みを繰り返している。居酒屋の生ビールが恋しいと嘆く。

「同僚とは、帰りがけにコンビニ前での立ち飲みばっかり。家では1000円代のコスパがよいウイスキーとソーダでハイボール。1杯目は生ビール派だったので、寂しい限りです。家飲みは、一人だと、気持ちを吐き出す相手がいないので、まったく気分転換にならない。オンライン飲み会もやったことがありますが、家族が家にいるので、結局言いたいことが言えない……。正直、妻には悪いのですが、作ってくれるつまみも飽きてきているし、自分でつまみ作りに挑戦しても限界がある。そろそろ辛いところです」(Cさん)

 家飲みに飽きてきた人が、以前のように大手を振って、お店で楽しく飲めるようになる日はいつになるのだろうか。