10万とも20万ともいわれる日本の名字の秘密を、『名字でわかるあなたのルーツ』(森岡浩・著)を元に探ってみよう。日本の名字は、必ずしも歴史に残る公家や武家が発祥ではなく、むしろ少数派である。現存する最も古い庶民の名字の記録は、和歌山県紀の川市粉河の王子神社に伝わる「名つけ帳」である。室町時代の1478年から現在まで、新しく生まれた子供の名前が記帳されており、その長さは70メートルを超える。少なくとも室町時代には、庶民にも名字があったことを示している。

 一定の年齢以上の人だと、学校で「江戸時代には士農工商の身分制度があり、武士だけが名字を持っていた」と習ったのではないだろうか。それが誤解のもとになり、庶民は明治に入ってから名字を持ったと思っている人も多いが、それは間違いである。正確に言うと、江戸時代には武士だけが「名字を名乗ることを許されていた」というだけで、その時代には農村を含めてほとんどの国民に名字があった。

 さて、日本の大半を占めた農村部では、植物にまつわる名字が多い。身近な存在であり、特徴的な木などがあれば、家と家を区別するのに便利だったからだろう。

 特に、農村部には高い建物がなかったため、木は遠くからでも目立つ「標識」になった。これは余談だが、日本各地に「二階さん」という名字があるのは、二階建てがそれだけ珍しかったからである。そして、「三階さん」という名字もあるが、こちらはかなり珍しいのもうなずける。

 では、植物由来の名字で一番多く使われる字は何だろうか。ランキング16位、48位、87位、92位と、ベスト100に4つも登場する「あの身近な木」である。

 答えは松。上記の順位に「松本さん」「松田さん」「松井さん」「松尾さん」がランクインしている。その他にも「小松さん(104位)」「松岡さん(136位)」「松下さん(145位)」「松浦さん(147位)」「松村さん(166位)」「松原さん(193位)」と、200位以内に計10個も入っている超メジャーな植物である。

 有名人でも、松本人志、松本潤、松田聖子、松井秀喜、松尾貴史、小松左京、松岡修造、松下幸之助……などなど、説明の必要のないビッグネームがズラリと揃っている。

 松は全国に見られる木であるほか、樹齢も長く樹高もある。さらに、冬でも葉を落とさないことから、門松に使われるなど「聖なる木」という扱いでもあった。名字には縁起の良いものが好まれることも関係しただろう。

 松に次いで多いのは杉で、「杉山さん(81位)」「杉本さん(98位)」など。その他では、栗、桑、竹、萩、榎、柳、榊、桜、梅、梶などが多い。

 木以外では藤が多く、名字の下に付くものは平安貴族の藤原氏に由来するものが多いとされるが、「藤井さん」「藤田さん」「藤本さん」「藤山さん」など、上に付くものは植物由来である。ただし、この藤は藤棚で育てられる観賞用のものではなく、古くはツル植物全般を「ふじ」と呼んでいたことに由来する。観賞用のノダフジが広まるのは近代以降なので、名字とはあまり関係ない。

※『名字でわかるあなたのルーツ』(森岡浩・著)を元に再構成