ドコモ口座の不正引き出し問題は、銀行に預けているお金が気付かないうちに流出していくリスクがあることを明るみに出した。これまでは「ネットを通じて口座資金のやりとりをすると、個人情報流出のリスクがある」と思われていたが、「ネットを使っていない人」であっても預金が流出していたのだ──。

「ドコモ口座」とはNTTドコモの電子決済サービスのこと。銀行口座からお金をスマホに移す(チャージする)ことで、コンビニやスーパーなどでスマホ決済ができる。この仕組みを悪用して、何者かが銀行の預金者になりすまし、ドコモ口座を通じて口座からお金を不正に引き落していたことが発覚したのだ。

「ドコモのサービスを利用していないなら関係ない」という話ではない。「ネットバンキングもやっていないし、紙の通帳で預金管理しているから安心」と思っている人でも、被害に遭ってしまう。今回の問題で何より怖いのは、「口座情報が犯罪グループなどの手に渡ると、誰でも不正に引き出される可能性がある」という点だ。

 ネット上で不正なサイトに誘導して口座情報を入力させるフィッシング詐欺などで個人情報が盗まれるケースが相次いでいる。最近では、クレジットカード会社を装った業者からメールが届き、偽サイトに誘導してIDやパスワードなどを入力させる手口が増加している。そうした手口に引っかからないようにしたとしても「万全ではありません」と電子決済に詳しい、スマホジャーナリストの石川温氏は指摘する。

「口座番号は、それこそ子供の習い事の月謝や自分が通うジムの会費など、口座引き落としの手続きをする際にあちこちで記入しているでしょう。これらがどこかで流出し、データベース化され、業者間で売買されているケースが考えられます」

 現在、ドコモ口座では問題となった機能を停止しており、ゆうちょ銀行など銀行側も機能の一時停止などを行なっている。ドコモ口座を通じた被害が新たに増える可能性は低いが、他の決済サービスに同様の手口が広まったり、実はこれまで不正に引き出されていたのに気づいていないケースもあるかもしれない。

「まずは残高の記帳を行ない、不正な出金がないかをチェックしてほしい。何か問題があれば銀行や事業者にすぐ問い合わせてください。“きっと自分は大丈夫”と考えるのではなく、“個人情報が流出してしまっているかもしれない”と最悪の事態を想定する必要がある。防御策としては、銀行口座の暗証番号は本支店にあるATMで簡単に変更できるので、定期的に変更するのも有効です」(石川氏)

※週刊ポスト2020年10月9日号