気ままな独身生活を送る30〜40代が、しばし立ち止まってしまうのが年末年始。実家に帰れば、親から結婚云々について尋ねられ、帰省しなければ「正月ぐらいは……」と、小言を言われるのが“独身正月あるある”だ。しかし今年は誰もが未経験の「コロナ禍の年越し」。これまで何とか年越しをやり過ごしてきた独身者たちは、2020〜2021年の年末年始をどう過ごすのか? 

 早々に年末年始のスケジュール変更を余儀なくされたのは、東北地方出身のMさん(40代男性/SE)だ。

「70代の母から先日連絡があり、『絶対に帰ってくるな』と言われました。実家がある市のコロナ感染者数はこれまでわずか数人。地元で暮らす弟によれば、コロナになった人がどこの誰なのか、名前・家の場所・職業まで、みんな知っているそうで、『もし兄ちゃんが東京から帰ってきて、コロナだったりしたら、M家はもうこの町で暮らしていけない』と言われました」(Mさん)

 まだ岩手県で感染者ゼロの状態が続いていたとき、県知事が「第1号を責めないように」と、しきりに訴えていたのは記憶に新しいところ。地方は都会よりも人間関係が濃厚なだけに、過敏になる気持ちは分かる。移動はするものの、行き先を変えたのは、ダイビングが趣味のOさん(40代女性/団体職員)だ。

「まとまった休みを取れるのが年末年始だけなので、毎年必ず海外にダイビングに出かけていました。12月27〜28日から1月4〜5日まで、休みをほぼ使い切る旅です。1年間、そのために働いていると言っても過言ではありません。

 しかし今年は海外に行くのは無理なので、国内に変更しました。親からは『まさか海外に行かないよね?』と連絡がありましたが、国内旅行にしたことを伝えたら、『アナタがウイルスをばらまかないようにね』と、言われました。もう(実家に帰ってこないことは)諦めているようです」(Oさん)

 離島でクラスターが発生したら、島全体がパニック状態になる可能性もある。くれぐれも注意が必要になりそうだ。一方、毎年恒例のスケジュールがパーになり、途方に暮れているのはHさん(40代女性/翻訳)だ。

「大晦日は毎年、独身の友達同士でイベントに行くのが恒例行事でした。ジャニーズのカウコン、ディズニーランド、クラブのカウントダウンイベントなどに出かけて、そのまま初詣に行き、後は3日までゴロゴロして4日から働くのが毎年のスケジュールでしたが、今年は恐らくイベントは無さそうなので、どうしようかと考えているところです。今さら実家に帰っても、何か小言を言われるだけなので、どこかには出かけたいんですが……」(Hさん)

 Hさんはゴロゴロと寝正月になりそうだが、しっかり働く人もいる。Yさん(40代女性 デパート)は、すでにバッチリ働くシフトを組んでいる。

「年末は31日まで、正月は2日から働きます。例年はしっかり休みを取って実家に帰っていましたが、新幹線や飛行機に乗って人混みに揉まれるのがイヤなので、時期をずらします。正月は特別手当も出るので、しっかり稼ぐ予定です」(Yさん)

「帰省しない理由ができた」と喜ぶ人も

もとから“帰省しない派”の人は、いよいよ帰る理由がない。

「家でのんびりDVDでも見ます。今年は“帰らない理由”が出来てラクです」(40代男性 /新聞)
「特に予定はありませんが、実家に帰らないことだけは確定です。今年は『帰ってこい』とも言われません」(40代/メーカー)
「初めて高いおせちを予約してみました。年越しは独身の友達と鍋でも食べて、その後は完全に寝正月です」(30代女性/旅行)

 会社員にとって、1年で一番長い休みは恐らく年末年始だが、これが憂鬱だという独身者は少なくない。毎年、大晦日にはイベントに行くという前出のHさんはいう。

「30代の頃は、大晦日に5〜6人が集まってワイワイやっていましたが、結婚でひとり、またひとりと人数が減り、今では2人です。出かけようと思っても、正月の街って1人で歩いている人がほとんどいないんですよね。わびしい気持ちになるので、外には出ません」

 帰省してもわびしい気持ちになるパターンもある。帰省を断られた冒頭のMさんはいう。

「以前は、『何日に帰ってくるの?』『何時の電車?』と、両親から何度も連絡がありましたが、地元に残った弟が結婚し、子どもも生まれて、両親は私に対する関心を完全に失っています。それでも毎年帰省していましたが、コロナが帰省をやめるタイミングなのかなと思っています」

 感染者数は減るどころか再び増加傾向にあり、気を抜けない状況は続く。実家に帰る方も帰らない方も、くれぐれも気を付けて過したい。