10月1日から始まった政府の飲食店支援策「Go Toイート」は、オンライン予約分の予算616億円に達しそうなことや、コロナ感染者急増の情勢から、「ポイント付与は近日終了」「4人以下での利用要請」という発表がなされた。それを受け、大手グルメサイトでは次々にポイント付与を終了。さらに“第3波”の拡大を受けて農林水産省は、Go To イートの食事券の新規発行を一時停止するように、都道府県に要請した。

 こういった状況の中、国民からは怒りと戸惑いの声が噴出している。

「オンラインは使わないうちに終わるし、発券式は紙不足だとかで行き渡ってないし。ずさんすぎない?」
「参加しないお店は支援しないの? 行かない人は? 税金返してほしい」
「子供を除いた4人以下って、子供は含まれないの? 大人3人で子供5人ならOKなの!? もう何が何やら……」

 消費者問題研究所所長で食品問題評論家の垣田達哉さんによれば、導入当初から多くの問題点を抱えていたという。

「Go Toイートには、プレミアム付食事券とオンライン飲食予約がありますが、食事券は都道府県によって競争率が10倍以上違うという地方格差がありますし、オンライン予約はスマホ弱者やネット弱者にとって非常に利用しにくいという、どちらもかなり不公平な制度と断言できます。実際、10月1日から23日までの約1か月間で1535万人(組)しか利用していませんが、これは、もし1人が2回利用していればわずか768万人、人口の5%程度です。しかもそのほとんどは大都市に偏り、田舎はもちろん地方都市レベルでも参加している飲食店は少ない。利用している消費者はかなり少ないことが推察されます」(垣田さん)

 それを裏付けるように、ネットアンケート『Yahoo!ニュースみんなの意見』では「Go Toイート」を利用した人は全体の15.1%に留まっている(10月15〜25日実施、5万9535人回答)。

「10月7日には、農水省のホームページで突然オンライン予約分の予算配分が767億円から616億円と、151億円減額されました。理由を問い合わせたところ、オンラインよりも食事券の利用が多くなる見込みだからそちらを増額したということでしたが、100億円という多額の税金が農水省の裁量で簡単に増減できてしまうことにも大きな問題があります。問題だらけのキャンペーンですから、あっという間にオンライン予約が終了するのもある意味当然の帰結といえるでしょう」(垣田さん)

バーの客層が様変わり

 ある飲食店のオーナー男性は「この制度はぼくらのためじゃない、グルメサイトのための救済策」とバッサリ。

「都内にカフェとレストランを数軒、ターミナル駅にもスイーツ店を出店しています。うちもグルメサイトの登録料がバカにならないので解約しようと思っていたんですけど、Go Toイートがあるから、全店継続。登録料(*)のほかに送客手数料も取られるので、ぼくらが楽になるのはまだまだ先です」

【*Go Toイート期間中のグルメサイト新規登録は無料。継続、更新の場合は料金が発生する】

 ブログは月間200万アクセスを記録し日本一のグルメブロガーと称される、グルメエンターテイナーのフォーリンデブはっしーさんが言う。

「お店の料理ジャンルや平均価格帯にもよると思うのですが、コロナで苦しい経営状況が続いてやっとお客さんが戻ってきたといういまの状況で、グルメサイトに手数料を払ってでもGo Toに参加できるお店は“体力があるお店”といえるでしょう。その逆で、Go Toに頼らず頑張っているお店もありますね」

 Go Toイートに参加している都内の居酒屋店主は、「営業時間中でもメールチェックが欠かせない」とこぼす。

「Go Toはありがたいと思って参加したんですが、うちの常連さんは中高年の人が多いせいか、実際に使う人は少ないですね。でも、いつ予約が入るかわからないから、接客中もスマホをチェック。ぼくよりご年配でネットに詳しくない人には、絶対無理だと思う」

 またバー巡りが好きな男性からはこんな不満の声も。

「『お酒1杯だけでいいですか?』って大学生くらいの若い連中がわいわい数人入ってきて、1000円以内のお酒を本当に1杯だけ飲んで帰るんですよ。飲んでいる間もずっとスマホをいじってて、次ここ行こうぜって出て行くんです。バーのいい雰囲気がぶち壊し。怒りを通り越してやるせないよ」

 とはいえ、税金が使われている国のキャンペーン。使うのは納税者の当然の権利でもある。

「お客さんの中には、ポイントを貯めておいて、『忘年会で使う』とおっしゃるかたもいますが、毎回うちで使ってくださる常連客のかたも。うちじゃないですが、店とお客さんが口裏合わせて“来店した”ことにして不正にポイントを入手した、なんて話も聞きました」(前出・飲食店のオーナー男性)

グルメサイトの予約は前年比大幅増

 では、こうしたGo Toイートのオンライン予約を担っているグルメサイトにはどんな動きがあったのか。大手グルメサイト数社に取材を申し込むと、『食べログ』のネット予約は前年比約2.24倍、『ぐるなび』にいたっては前年比3倍、土日に限定すれば4.3倍の伸長があったという回答を得た。

「今年4月から、検索条件にテイクアウトやデリバリーといった項目を設けて対応店を探しやすくするとともに、各店舗の感染症対策に関する情報を掲載しています。また、テイクアウト専用アプリ『食べログ テイクアウト』やお取り寄せグルメの通販サイト『食べログモール』などを開始し、飲食店の事業多角化をサポートしております」(『食べログ』を運営するカカクコム広報)

 同様に『ぐるなび』でも、「ポイント付与は終わりましたが、今後はポイントを使っていただくことで飲食店および農林漁業者を応援いただきたいと思っています。弊社も衛生管理のきちんとしている店舗情報をわかりやすく表示したり、Go Toイートとは別に楽天ポイントが最大1万2000ポイント当たるキャンペーンを実施しています」(ぐるなび広報)

 一方、グルメサイト『Retty』では、送客手数料なしという決断を下した。

「このような状況下なので、まずは外食業界全体に復活してもらう、安定してもらうことの方が長期的な観点からすると重要と考えました」(Retty広報部)

 そんなそれぞれのグルメサイトが参入してのGo Toイートだが、このタイミングで「グルメサイトの存在意義」を再認識した人も多い。前出・はっしーさんが言う。

「お店の個別発信や、インスタグラムのハッシュタグなどでお店を探す人が増えているいま、“グルメサイト離れ”は否めないと思います。とはいえ、グルメサイトの情報量はデータベースとしてやはり素晴らしい。好きなお店から“逆引き”する形で、ポイントが使えるか、衛生状況はどうかをチェックするといいと思いますよ」

 コロナ第3波への対策と、飲食店への支援目的との間で揺れるこの政策は、一体どんな結末を見るのだろうか。

取材・文/辻本幸路

※女性セブン2020年12月10日号