今年も年末ジャンボ宝くじの発売が始まった。発売期間は11月24日から12月25日まで。1等・前後賞合わせて10億円と、一年の中で最も当せん金が大きいジャンボ宝くじだ。だが、一攫千金を狙いたくても、コロナで外に出るのは怖いという人も多いのではないだろうか。

「少しでも外出を控えたいいま、リモート購入なら『銀行に行く必要なし』『売り場に並ぶ必要なし』と、メリットだらけです」と宝くじ評論家の長利正弘さんは言う。

 宝くじのリモート購入は、一昨年秋に始まった新サービス。これまで売り場に並んで買っていた宝くじを、パソコンやスマホを通してネット購入できるようになった。

 手続きはシンプルかつ簡単。まず「宝くじ公式サイト」で会員登録を行い、当せん金の受け取りに使う口座情報や支払い方法を登録する。支払い方法は「クレジットカード」「ドコモ払い」「auかんたん決済」から選べる。あとは、どの宝くじを何枚買うか選ぶだけ。購入から当せん金の受け取りまですべてネット上で行える。

 紙のくじ券は送られてこないが、購入したくじの番号はマイページの購入履歴で確認できる。買った後は楽しみに抽せん日を待つだけだ。

「当たりくじがあれば自動的に当せん金額が登録口座に振り込まれるので、交換の手続きをする必要はありません。当せん金は、5万円までなら売り場で交換可能ですが、それを超えるとみずほ銀行へ行く必要があります。近くにみずほ銀行がなく、移動が大変というかたもいますよね。リモート購入なら銀行に出向く必要がなくなり、宝くじの間口が広がったと感じます」(長利さん・以下同)

 ほかにもメリットは多い。紙のくじだと当せん番号を細かく確認する必要がある。しかし、“どうせはずれだろう”と確認せず、せっかく当せんしていてもお金が受け取られないケースが多いのだという。

「くじを保管していた場所を忘れて当せん金を受け取れないケースも多々あるそうです。そうして受け取られなかった当せん金は、毎年100億円近くにのぼります」

 リモート購入であれば、確認をうっかり忘れても、知らぬ間に預金額が増えているというサプライズも期待できる。

 リモート購入のもう1つのメリットは「売り場ではできない買い方」ができること。たとえば、購入の時間。紙のくじでは売り場のあいている時間でしか買えないが、リモートなら早朝や深夜に購入できるし、毎日決まった時間に購入することもできる。そうすることで、幾重にも「願掛け」ができるだろう。購入の場所も自由なので、評判のいいパワースポットへ出向いて、そこからスマホを使って購入するなんてことも可能だ。

バラなら連番より2.5倍で“億超え”

 リモート購入は連番10枚、バラ10枚での購入や、1枚単位でも購入可能だ。さらに「3連バラ」「福連100」「福バラ100」といったセット購入もできる。前出の長利さんは、「“億超え”を狙うなら、『バラ』がいい」と話す。

「連番はくじの『組』と番号の上から5ケタ目までが同一で、下1ケタを『0〜9』でそろえた購入方法です。1等・前後賞合わせた10億円を狙えますが、組が違った時点で、1等・前後賞の可能性はすべてゼロになる。一方、バラはくじの組と上から5ケタまでが連続していない番号で、下1ケタだけを『0〜9』でそろえたもの。1等・前後賞両方は狙えませんが、1枚1枚に高額当せんの期待が持てます」

 仮に、10枚を連番で買ったとしよう。1億円以上当たるのは「買った10枚の中に1等がある場合」と「前賞だけある場合」「後賞だけある場合」の計12通り。一方で、バラの場合はそれぞれのくじに「1等」「前賞」「後賞」の可能性がある。3×10で計30通りと、高額当せんの可能性が2.5倍に跳ね上がるのだ。仮に、前賞だけが当たったとしても、当せん金は1億5000万円と、充分すぎる金額だろう。

 宝くじは「当たる」ものではなく、「当てる」ものなのかもしれない。

※女性セブン2020年12月10日号