令和の大金持ちはどのような面々なのか──。それを推し量るデータとなるのが「株式」の保有数だ。上場企業約4000社の決算書や大株主の情報などを分析・検索する企業価値検索サービス「Ullet(ユーレット)」の協力を得て、2020年10月末時点の「新・株長者」ランキングを作成した。

「上場企業の有価証券報告書から個人の大株主を抽出し、保有株の時価総額で上位の150人をランキング化しました。個人に絞った順位を公開するのは初の試みです」(ユーレットCEOの西野嘉之氏)

 リストからは日本経済の縮図が垣間見える。上位で目立つのは、有名企業の創業者たちだ。

 ソフトバンク会長・孫正義氏、ファーストリテイリング会長・柳井正氏に次ぐ3位にランクインしたのは、センサーメーカーのキーエンス名誉会長・滝崎武光氏。

 1974年に滝崎氏が設立した同社は2019年3月期決算で粗利益率80%を記録、コロナ禍でも好業績を維持している。保有金額が1兆円を超えるのは、孫氏、柳井氏、滝崎氏のみである。

コーセー一族の固い結束

 4位の日本電産会長・永守重信氏、10位のABCマート元会長・三木正浩氏、33位のセブン-イレブン・ジャパン元会長・伊藤雅俊氏らも有名企業の創業者である。

 そうした経営者とともに、創業者の「血縁者」も上位にランクインした。

 柳井氏の一族からは長男の一海氏(5位)、二男の康治氏(6位)、妻の照代氏(11位)がランクイン。

「この4人で30%以上保有しています。過去に柳井氏は世襲を否定していましたが、2018年11月からは息子2人を取締役に据えており、“どちらかに継がせるのではないか”との声が根強い」(『経済界』編集長の関慎夫氏)

 コーセー創業家・小林家からは2代目社長・小林禮次郎氏の長男で現社長の一俊氏、二男で専務の孝雄氏、三男で常務の正典氏が16〜18位に並んだ。禮次郎氏を取材していた経済ジャーナリストの福田俊之氏がいう。

「主要子会社のアルビオンの経営トップも含め、ほとんどの重要ポストを一族が務める典型的な同族企業。コーセーには代々受け継がれている経営の掟として、『香り』『デザイン』『企画・宣伝』の3つは代表権を持つ者が決裁する『三大決裁』のルールがあります」

 目を引くのは、「大塚姓」が3人いる点。

 お家騒動に発展した「大塚家具」でも、“ポカリスエット”で知られる「大塚製薬」でもなく、「たのめ〜る」のCMなどで有名なITサービス業・大塚商会社長・大塚裕司氏(120位)と2019年に亡くなった創業者で元会長・大塚実氏(121位)、系列会社サイオス取締役・大塚厚志氏(135位)だった。

※週刊ポスト2021年1月15・22日号