社会の変化とともに、墓事情に明らかな変化が見え始めている。墓に関する総合情報サイト『いいお墓』を運営する鎌倉新書は、2020年11月26日に「2019年に『いいお墓』経由で購入した墓の種類」に関する調査結果を発表した。全国平均の割合が一般墓27.4%、納骨堂24.9%なのに対し『いいお墓』経由で購入した墓の種類では樹木葬が41.5%と群を抜いてトップになっている。2010年の調査では一般墓の購入が91%だったが、その割合は年々低下し今回初めて樹木葬が一般墓を上回った。

 樹木葬とは墓石の代わりに樹木を墓標とし、故人が眠る場所には名前が刻銘された石のプレートなどを置くだけのもの。あくまでも『いいお墓』で購入された墓に関するデータではあるが、どうしてこの“簡素”な墓が選ばれているのか。

購入費が半額以下

 樹木葬のメリットを、葬送・終活支援ソーシャルワーカーの吉川美津子さんが解説する。

「墓石が不要のため、費用が抑えられることがメリットの1つといえます。新しくお墓を建てるには敷地の購入も必要ですが、都内にある一般墓の敷地は1区画が広くて値段が高い。一方の樹木葬は、1区画が一般墓よりも小さいことが多く、リーズナブルな費用で購入することができます」

 鎌倉新書の調査によれば、全国平均の一般墓の購入価格は約176万円。これに対し、樹木葬は約69万円と半額以下だ。

10万円での埋葬も可能

 樹木葬の場所は、山林を切り開いた「里山型」と整備された墓苑や寺院にある「都市型」に分かれる。納骨の仕方にもタイプがあり、一般墓同様に仕切られた区画を購入して個別に納骨する方法と、他人の遺骨とまとめて納骨される合祀がある。費用はエリアや墓苑によってさまざまだが、目安は以下の通り。

 まず区画を購入して個別に納骨する場合、里山型と都市型ともに、1人目が50万円程度、2人目以降は20万円ほど。目安となる費用は同じだが、里山型はアクセスが不便な分1区画が広い。都市型はアクセスはいいが、区画が狭いなどの特徴がある。合祀となればその費用はさらに安く、場所によっては1人10万円の墓苑もある。ただし個人のプレートはなく、大きな碑にほかの人と一緒に名前が刻銘されるのみ。

 リーズナブルな樹木葬だが、購入時の注意点もある。

「プラン内容と費用はよく確認し、家族とはしっかり話し合っておくことが大事です。数人で入る予定の場合、増えるたびに費用がかかるため結果的に“一般墓より高くなった”なんてことになりかねません。また埋葬時は個別でも、数年後に合祀されてしまうケースもあります」(吉川さん)

 お墓の承継者がおらず、墓じまいで一般墓から樹木葬に改葬する人も増加し、日本のお墓のかたちとして「樹木葬」が注目されつつある。自分の“終の棲家”をどう選ぶか、しっかり知識を身につけておきたい。

※女性セブン2021年1月21日号