毎月定額のサブスクリプション(サブスク)サービスが普及したことで、音楽はスマホ1つで何千曲もの膨大な数を聴ける時代になった。レコード、CD、MD、iPodといった音楽メディアの栄枯盛衰の流れをリアルタイムで見てきた人の中には、その変化に驚嘆する人も多いだろう。

 ただそうした時代になっても、CDプレイヤーを手放すことを躊躇している人はいる。Webサービス会社で働く30代男性・Aさんもその1人だ。

「CDを聴く頻度が激減したのは事実ですが、サブスクや配信ですべて網羅できるわけではないのも事実。CDやMDで保管しているものもあります」(Aさん)

 Aさん曰く、自分が学生時代に聴いていた楽曲も続々とサブスクで配信開始されているが、「まだまだ全部ではない」とのこと。だからこそCDプレイヤーが手放せないというが、理由はそれだけではないようだ。

「サブスクや配信は、便利だけど味気なさもある。バイト代を貯めて購入したCDアルバムを、歌詞カードを見ながら、CDプレイヤーの前でかみしめるように味わっていた時代もありました。そういった思い出もあって、なかなかCDプレイヤーを手放せない」(Aさん)

 素材メーカーに勤務する40代男性・Bさんは、CDコンポとポータブルCDプレイヤーを昨年末に処分しようと思っていたが、結局、思いとどまったという。

「壊れかけていたし、場所を取るだけだから処分しようと思っていました。でも、久しぶりに CD ディスクを 挿入してプレイヤーで再生してみると、PCやスマホのスピーカーの音と明らかに違う。結局捨てられませんでした」(Bさん)

 もちろんPCやスマホに外部スピーカーを接続すれば音は良くなるだろうが、久しぶりのポータブルCDプレイヤーにすっかりハマり、外でもCD音源で音楽を聴くようになったBさん。移動中の電車内で聴いているというが、取り出すと周囲の人にギョッとした目で見られることも多いという。それでも止めないのはメリットがあるからだ。

「スマホで聴くよりも、音楽だけに集中できる気がします。スマホだと音楽を聴きながら、ついついネットを見てしまいますから。その日、聴くCDを何にするかセレクトして持ち歩くのも意外と楽しい。スマホのバッテリーも余分に食わなくて済みますしね」(Bさん)

 専門商社で働く30代女性・Cさんは、通勤時にサブスクで音楽を聴いていたが、テレワークや外出自粛の影響から利用機会が減った。一方、コロナ禍で在宅生活が続き、ゆっくりと音楽を聴ける時間が増えたことで、自宅に眠っていたCDプレイヤーを引っ張り出して音楽を楽しむようになったという。今では新しいCDを購入するほどハマっている。

「正直、もう使わないかなと思って処分寸前だったのですが、一周回って大活躍しています。オフラインでも聴けるのはいいですよね。在宅勤務のBGMとして、壁掛け式CDプレイヤーが欲しいなと思っています。CDも新しく買うようになりました。ジャケットを飾るのも気分転換になります」(Cさん)

 手軽に大量に、音楽に触れる機会がある便利な時代。その裏側では、CDプレイヤーを介し、1曲1曲を噛みしめながら聴く姿勢も見直されているようだ。