コロナ禍の中、鉄道会社の将来性に不安を感じ、退社してプログラミングスクールに通ったツイッターユーザー「鉄道会社は辞めるな君」が1月上旬にツイッターで話題になった。同氏は〈授業料に80万消えて、SESにぶちこまれて年収も300万下がり、自由を失った。甘い言葉に乗せられて安定を捨てると人生終わる 絶対に辞めるな〉と同業者に呼びかけた。だが、コロナ禍で会社を辞めて後悔しているのは、彼だけではない。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が身近に見てきた実例を紹介する。

 * * *
 この方(鉄道会社は辞めるな君)の行動、理解はできるんです。何かの危機があると「ウチの会社(業界)、オワコンなんじゃないか?」と思ってしまうのは世の常。

 私は新卒で1997年に総合広告代理店に入ったのですが、周囲の社員の中には「“若者のテレビ離れ”もあり、近い将来に大手広告会社の基盤を支えているテレビCMの出稿量が減るのでは……。このままではオレらは終わる! ネット広告会社に転職しなくては人生が終わるのでは!」と考えて“泥船”から逃げ出した人もいました。

 しかし、なんだかんだいって2000年代前半でもテレビは広告の取扱高ではNo.1であり続けましたし、ネット広告が隆盛になると広告業界はしたたかにネット広告にも力を入れ、そこから収益を得られる体制を整えるようになりました。

 上で紹介した「鉄道会社は辞めるな君」は、「これからは人々が移動をしなくなるから鉄道会社はオワコンになるのでは……」と考えたと思われますが、本当に謙虚な方ですね。正直、私のようなフリーライター・編集者からすれば、鉄道会社なんて「盤石」です。しかも、600万円の年収があったということは、そこそこの大都市の大手なわけで、第3セクターが運営する赤字路線とは違うことが読み取れます。

 しかし、緊急事態宣言かのガラガラの車内を見て「オレらの会社、ヤバいかも……」と思うようになったのではないでしょうか。もう少しこの方に冷静になってもらいたかったのは「ある程度社会が落ち着いたら人は戻る」をなぜ理解できなかったのかという点です。

クライアントは独立を後押ししてくれていたが…

 ここでは、この方と同様に「コロナ禍のこのままではオレはヤバい!」と感じ、会社を辞めて後悔している2人の話を紹介しましょう。

 1人目は、人材派遣関連の仕事をしていたA氏(47)です。同氏は、人材派遣系の会社で営業をしていたのですが、次々と非正規雇用がクビを切られる様を見て「ウチの会社もヤバい……」と感じます。元々「雇用の調整弁」といった言われ方をされていた非正規雇用ですが、A氏はこの状況を見て「ウチの会社はもう終わりだ」というまでの絶望感を抱いたといいます。

 そこで同氏は、「これからは正社員を扱う転職エージェンシーに移らなくてはマズい」と考え、2020年夏に突発的に会社を辞め、転職活動を開始します。しかし、コロナ禍でそんなに都合の良い仕事がすぐに見つかるはずもありません。結果的に同氏は自分のキャリアであれば、正社員向けエージェンシーでも通用すると思っていた自信を打ち砕かれます。

「非正規がヤバいのであれば、正規だってヤバいってことに、なんであの時考えを及ばせなかったのでしょうか……。当時の私は浅はかだったのでしょう」

 そう彼は私に言ってきました。これからどうするかについては、「とにかく何でもいいから仕事が欲しい」と言っており、前職を辞めたことを後悔しています。今はハローワークに行ったり知り合いの会社経営者に雇ってもらうようお願いしたり日々を過ごしていますが、妻からは「甲斐性がない!」と怒られ、家でも居場所がないと嘆きます。

 もう1人は、「コロナという緊急事態では会社に頼るばかりではまずい。自分が今、会社で培った能力を生かし、独立して同じ仕事をフリーでやる!」と決めた男性・B氏(41)です。

 彼はとある地域のチラシ広告を扱う広告代理店に在籍していたのですが、一部のクライアントからは「キミみたいな優秀な人は独立すればいいのに」と言われていました。そんなこともあっただけに、「多くの人が私を後押ししてくれるはずだ」と考え、独立。ところがクライアントにその旨を伝えたところ、「キミにはあまり仕事を出せないんだよね……」という返事が来ます。

 本来は元々のクライアントからガッポガッポと仕事がもらえるはずだったのですが、まったく来ない。どうやら、クライアント各社も広告を出す余裕がなくなり、B氏が元々いた会社にさえあまり発注できる状況ではなくなってしまったのでした。

 クライアントからしても、B氏の能力は高く買っていたものの、自分の会社でさえ今後が見通せない中、フリーで広告代理業をしようと羽ばたいたB氏に仕事を出す余裕なんてありません。B氏は「目論見が外れた……。まったく仕事が来ない……」と嘆いていますが、最後に彼が言いたかったであろうことはコレでしょう。

「安易に会社を辞めなければ良かった……。会社ってありがたかったんですね」

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ネットニュース編集者、ライター。一橋大学卒業後、博報堂入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。最新刊は『恥ずかしい人たち』(新潮新書)。