コンビニおにぎりの具といえば、たらこ、ツナなどが定番だが、そのなかでも近頃人気が高いのが、「鮭ハラミ」だ。コンビニグルメに詳しいフリーライターの小浦大生氏が、コンビニの「鮭ハラミおにぎり」の特徴について説明する。

「コンビニのおにぎりは、海苔をあとから巻く手巻きタイプと、海苔が巻いてある状態で販売される直巻きタイプに分かれます。手巻きタイプの鮭のおにぎりでは、鮭がフレーク状になっていることが多いのですが、直巻きタイプの場合、脂が乗った“鮭ハラミ”を具材として採用する商品が多い。

 値段は200円前後でコンビニおにぎりの中では少々高めですが、しっかり味のついた大きめの鮭ハラミの旨味は格別で、人気が高いです。今年の元日に放送された『ジョブチューン』(TBS系)の、コンビニグルメを一流の料理人がジャッジするという企画では、ローソンの『金しゃりおにぎり 焼さけハラミ』が紹介され、満点を出していたほどです」

 そこで、マネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者Aが、コンビニ各社の鮭ハラミおにぎりを実食。高い評価を受けるその魅力に迫った。

ごはんに浸透するほどの“脂”

 まずは、『ジョブチューン』でも絶賛されたローソンの『金しゃりおにぎり 焼さけハラミ』(198円、税込み・以下同)。1包装あたりのカロリーは211kcalとなっている。塩麹に漬けて味付けされたアトランティックサーモンのハラミを使った国産米のおにぎりだ。

「鮭ハラミの切り身がごっそり入っている。鮭ハラミはしっかり脂が乗っていて、口の中に入れた途端に“脂感”を味わうことができます。ごはんもしっかりこだわっているようで、鮭ハラミとの相性もかなりいいと思います。食べていると、鮭の脂とごはんが口の中で見事なマリアージュを見せてくれます。198円は安くはないですが、100円前後のおにぎりではこの味わいは楽しめないと思います」(記者A)

 続いて、ファミリーマートの『ごちむすび 大きな鮭はらみ』(198円)。1包装あたりのカロリーは215kcal。こちらも塩麹で味付けした鮭ハラミを使ったおにぎりだ。

「ハラミの大きさはローソンのものよりもちょっと小さめ。鮭ハラミに醤油をひと塗りして焼き上げているということで、塩っけが強いのも特徴的です。あと、脂はかなりしっかりめで、ごはんにも脂が浸透するくらいです。味も濃くて、脂もしっかりなので、“こってり感”あるいは“ガッツリ感”を堪能できるおにぎりです」(記者A)

 セブン-イレブンでは『新潟県産コシヒカリおむすび 紅鮭ハラミ』(216円)が販売されている。1包装あたりのカロリーは181kcalだ。

「海苔がないタイプのおにぎりです。鮭ハラミは塩味が効いていて、なおかつ脂ものっていて、とてもおいしい。具のサイズも大きめで、食べごたえも十分。全体的なバランスもよくて、かなりクオリティーの高い鮭ハラミのおにぎりだと思います」(記者A)

 記者Aが、以上の3品を比較する。

「どのおにぎりにも共通しているのが、しゃりが1粒1粒しっかり粒立っていることです。多少固めなくらいの印象で、そこは好みが分かれるところだと思いますが、ベチャッとした感じがいっさいないのは個人的には二重丸です。

 鮭の大きさは、“ローソン>セブン-イレブン>ファミマ”の順で、味の濃さ&脂ののり具合は“ファミマ>セブン-イレブン>ローソン”。セブン-イレブンがいちばんバランスが取れていると感じました。好みの問題だとは思いますが、200円出してもまったく損をしたとは思いませんでした」

 これらのほかにも、鮭を使った直巻きタイプのおにぎりが販売されている。小浦氏が解説する。

「セブン-イレブンでは『直巻おむすび 北海道産炙り焼しゃけ』(151円)が販売されています。こちらは“鮭ハラミ”ではなくほぐされた焼しゃけが使われています。また、ファミリーマートでは『直巻 焼しゃけ』(128円)が販売されており、これはシンプルな鮭のおにぎりです。この2つについては、“鮭ハラミ”系のおにぎりとは違い、“脂感”を楽しむものではなく、ごくごくシンプルな鮭のおにぎりです」

 日々進化するコンビニグルメ。鮭ハラミのおにぎりも、相当な進化を遂げているようだ。