複数人でお金を出し合って宝くじを買う「共同購入」。一人ひとりの出資額が少なく済み、たくさん買うことで当選する確率も上がるため、友人や家族などの仲間内で実践する人も多いだろう。しかし、購入代金のやり取りを曖昧にしてしまったことで、当せん後にトラブルに発展するケースもある。実際の法律相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説する。

【相談】
 宝くじで10万円当たりました。最初は、私と義母でお金を出し合って宝くじを購入するという話でしたが、実際には私が購入代金を立て替え、義母はお金を払ってくれませんでした。しかし、当せんがわかったとたん、「一緒に買ったのだから5万円ずつ分けて」と言い出しました。当せんがわかるまでお金を払う気もなかったのに、納得できません。法律的には分けないといけないのでしょうか。(山口県・39才・主婦)

【回答】
 あなたはお義母さんと、お金を出し合って共同で宝くじを買い、当せんしたときには分配することを約束したことになります。このように出資し合って、共同の事業を行い、目的が達成するなどの一定の事由が生じたら解散する契約を、民法では「組合契約」といいます。あなたのように、宝くじを共同購入して、当せんすれば分配、外れればそれでおしまいにするというのも一種の事業で、この民法上の組合契約をお義母さんとしたことになります。

 組合契約をすると、組合員は、契約当事者で結成した組合に対して約定に従った出資をする義務があります。特に分担の取り決めがなければ、お義母さんは購入代金の半分を負担しなければなりません。

 今回の場合、組合に対するお義母さんの支払い義務は、あなたが立て替えることによって実行され、宝くじを無事購入できたわけです。その代わり、あなたはお義母さんに立替金の返済を請求できます。

 一方、お義母さんは組合契約に基づき、当せんしたら当せん金の分配を要求できます。とはいえ、立替金を当せんが判明するまでにあなたに返せばともかく、まったく支払わないまま、当せんしてから当せん金だけを権利主張するのはおかしいと感じるでしょう。

 宝くじは、購入金額に比べて当せんすると大きな利益がありますが、それが当せん発表までわからないところがミソです。当せんがわかって購入代金の立替金を支払うというのでは、まるで当たり馬券を買うようなものです。

 組合契約では、不届きな組合員をほかの組合員の全員一致で除名できます。除名できれば当せん金分配の必要はありません。ところが、あなたとお義母さんのように組合員が2人だけの場合は、全員一致があり得ないので除名はできません。しかし、お義母さんの分配金請求は民法の「信義誠実の原則」に反し、権利の濫用といえます。ですから、分配を断っても法的には問題ないと考えます。

 不思議なのは、お義母さんがどうして当せんを知ったかです。くじの番号を教えておくか、当せんを知らせない限りわからないはずです。あなたがお義母さんに購入代金の分担を求めずにこうした情報を伝えたとすると、当せんした際に分配するという姿勢を示していたことになり、お義母さんが当せん金の分配を期待するのも無理はありません。

 分配金は5万円で決して少額ではありませんが、元々あてにしていたお金ではないと思います。生活に不可欠というのでなければ、ここでことを荒立てるのがよいかどうかをよく考えて判断してはいかがでしょうか。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。射手座・B型。

※女性セブン2021年3月11日号