兄弟姉妹や親族が遺産を巡って骨肉の争いを繰り広げる“争族”が増えている。普段から仲が悪いきょうだいであれば、相続の話し合いでも不信感が募り、トラブルになることもあるだろう。また、きょうだい間の生活レベルが異なると、“もっとこっちによこせ”などという主張が出てくる可能性もあるはずだ。

 そんな相続における争いを回避する重要な手段の一つが「遺言書」だ。

 昨年亡くなった齊藤朋子さん(仮名)は、遺言書をつくることで自分の財産を守ることができた1人だ。結婚しておらず子供もいなかった齊藤さんの相続人は、唯一の肉親である弟だけだった。だが、「両親の世話もせず遊び歩いていた弟には、私の遺産はびた一文も渡したくない」と語っていたという。

「そこで齊藤さんは、ずっとお世話になっている知人を養子に迎えて、さらに遺言書までつくり、弟には一切渡らないようにしたのです。さらに念には念を入れて、“全財産を養子に渡す”という思いを遺言書の付言事項として書き、動画にも残しました。動画自体には法的な効力はありませんが、遺言書とセットにすると思いが伝わり、かなり有効な遺言になります」(相続終活専門協会理事の貞方大輔さん)

妹たちに信じてもらえなくて…

 遺言書は法的にはもちろん、残された人の心にも訴えかけることができるが、大切にしまい込んで見つからなければ、なんの意味もない。宮城県に住む3人きょうだいの長男の松川雄二さん(82才・仮名)は、がんで入院中、当時60代だった2人の妹に「お母さんから家を相続したでしょう」と、自宅を家探しされ、権利書を奪われた。

「きょうだいの中で唯一戦時中生まれだった私は、10代の頃から働いて家を支えていました。母は前々から“いままで散々苦労をかけたから、私が死んだら家はお前にあげるわ”と言ってくれていたのですが、母の死後、肝心の遺言書が見つからなかった。

 年の離れた妹たちは、私が10代で働いていたことも、妹の学費を工面したことも知りません。知らなくていいと思ってずっと話していなかったのですが、いざ母が亡くなってから本当のことを話しても、2人とも“お兄ちゃんは若い頃から冗談ばかりね”と、まったく信じてくれなかった」(松川さん)

 結局母の家は売られてしまい、松川さんが相続できた金額は、母から聞いていた金額より数千万円も少なかったという。松川さんはその後無事退院したが、相続額が減ったこと以上に、妹たちに信じてもらえなかったことがショックで、再び体調を崩してしまった。

「2020年7月から、法務局における『遺言保管制度』ができました。被相続人(このケースの場合は母)の死亡届を出した時点で、あらかじめ指定しておいた相続人に自動的に“遺言書があります”と、通知させることもできるようになります。1件3900円の費用を払って1時間ほどの手続きで法務局に自筆証書遺言を預けることができるので、こうしたトラブルを避けるためにも、遺言書をつくったら利用することをおすすめします」(貞方さん)

※女性セブン2021年3月11日号