新型コロナウイルス感染症対策分科会が2月25日、緊急事態宣言解除後の感染対策のあり方について提言した。再び感染を拡大させないために、「卒業旅行、謝恩会、歓送迎会は控えて。花見は宴会なし」という生活様式のあり方を求めた。

 そうした中、政府は「Go Toトラベル」の段階的再開に向けた調整を始めたと報じられている。全国一律の再開というわけではなく、感染が落ち着いている地域から先行して再開という案も出ているようだが、「Go Toトラベル」は良いのに「卒業旅行は自粛」という矛盾した状態に、学生はもちろん、その周囲からも困惑の声が上がっている。

「Go Toトラベルは再開しようとしているのに卒業旅行は控えろって、ちょっと意味がわからない。冗談でしょ? 卒業旅行は一生に1回なのに……。どうして学生だけが理不尽な事態にさらされなければならないのでしょうか。むしろ学生限定でGo Toトラベルをやってほしいくらいです」

 そう怒りを露わにするは、都内の私立大学に通う20代男性・Aさんだ。コロナ禍で、オンライン授業や飲み会自粛など制限を強いられてきただけに、卒業旅行まで奪われる複雑な心境が伝わってくる。

 実際、卒業旅行の中止を決断している学生は多い。旅行体験予約サイト「Klook(クルック)」が実施した「コロナ禍における卒業旅行の実態調査」によると、2021年2〜3月に「卒業旅行を予定しない」と回答した学生は6割に上った。だが、Aさんは諦めたくないと明かす。

「もちろん感染対策には留意しながら、仲間と3人でどこかに行けたらと思っています。卒業後は、3人とも就職で勤務地もバラバラになるので、旅行するチャンスは今だけ。別に海外に行きたいとか思っていません。国内の温泉とか、小旅行でいいんです」(Aさん)

 都内の私立大学に通う20代女性・Bさんも、卒業旅行の自粛要請に納得がいかないという。

「コロナで学生生活がめちゃくちゃになったけど、今まで頑張ったのに……。前回のGo Toの時期は就活、卒論と忙しかったのですが、世間は旅行を楽しんでいましたよね。それで、いざ、私たちの番だってなったら『学生は卒業旅行中止で』って、ひどくないですか?」

 Bさんは感染対策をしっかりしながら、「一人旅」を出かけることを計画しているという。

「外食やお酒は、一人で黙々とすればいいんですよね。なら旅行も混雑を避けて、一人ならいいでしょ? 友人と行けないのは寂しいけど、やっぱり学生最後というのは人生で一度きりしかない。いろいろと気持ちの整理をしたいので、どこかにフラッと出かけたいと思います」(Bさん)

 一方で、大学生の子供を持つ親も複雑な心境のようだ。大学4年生と社会人の2人の息子を持つ50代の主婦・Cさんは、「こんな思いをするのは2度目」と明かす。

「上の子は、東日本大震災が起きた2011年に大学を卒業しました。その年は卒業式も卒業旅行も中止になり、長男は当時『卒業した気がしない』と言っていました。震災とコロナでは状況が違うとは思いますが、次男もこんな憂き目に遭うなんて……。ただ、長男は卒業から3年後に学生時代の仲間と集まって旅行をしました。卒業旅行を逃した人向けの旅行プランを出しているところもあるようですし、なんとか前向きな気持ちで過ごしてもらいたいと思います」(Cさん)

 コロナ禍の矛盾する政策に振り回される学生たち。卒業旅行の自粛を余儀なくされるのであれば、Go Toトラベル再開には納得できないのも当然だろう。