近年、カジュアル化が進行していたビジネスウェア。そこにコロナ禍でテレワークが浸透したことで需要減少に拍車がかかり、紳士服業界はさらなる苦境を強いられている。

 業界大手の青山商事は、2021年3月期は売上高が前期比20.9%減の1723億円、最終損益は292億円の赤字(前期は232億円の赤字)を見込んでいる。同社は希望退職に伴う割増退職金など40億円程度の特別損失を計上したことで、赤字が膨らんだ格好だが、同業他社に目をやっても苦しい状況は見て取れる。AOKIホールディングスの2021年3月期決算は、売上高が前期比16%減の1513億円、最終損益が53億円の赤字(前期は4億4700万円の黒字)を見込んでいる。

 紳士服業界の苦境に拍車をかけるのが、消費者の意識の変化だ。たとえコロナ禍が収束したとしても、「脱スーツ」の流れが止まるわけではない。

「20数年前に就職した時には、先輩社員たちが青山のスーツを『安い』と言って、こぞって買っていたことを覚えています。私も社会人としてのスタートは、青山で購入したスーツでした。まさかこんな時代になるとは……」

 そうスーツの思い出を語るのは、メーカーで働く40代の男性会社員・Aさんだ。コロナ禍で在宅勤務と通勤の半々になったことで、スーツを着る機会が激減した。

「家では、スーツを着る必要がないわけです。職場への出勤日も、一気に自由な服装でいいという雰囲気になりました。だから今、スーツを着る機会は滅多にありません。気温によって服装の調整がしやすいし、ワイシャツをクリーニングに出す手間もコストもなくなる。本当に楽になりました」(Aさん)

 Aさんのように、以前は当たり前だったスーツ着用がなくなり、その気軽さを知った人も多いだろう。商社で働く30代の男性会社員・Bさんもその一人だ。

「先輩から、『スーツはサラリーマンのユニフォームで“戦闘服”だから、いいものを買え』と教えられて、素材や形にもこだわってスーツを買ってきました。でも、もうこの楽さを知ってしまったら、元に戻ることはできません」(Bさん)

 Bさんは基本的に在宅勤務となり、オンライン会議の時だけシャツを着ることを除けば、上下スウェットで一日を過ごすようになった。毎日スーツを着ていたコロナ以前とは180度異なるスタイルになったが、スーツを着ない生活にすっかり慣れてきた。

「もともと、IT業界なんかは、Tシャツでもデニムでも許されるような、ドレスコードがゆるい雰囲気がありましたよね。スーツを着ると気持ちがきりっとするのは確かですが、夏は暑いし、ネクタイの意味もよくわからないし、ラフな格好で働くのが羨ましかったんです。そしていざスーツを着ない生活になると、想像以上の楽さ。ただ、ゆるい服装でお腹周りを気にしなくなったせいで、ちょっと太ってきたのは反省です」(Bさん)

 男性だけでなく、女性からも同様の声がある。不動産業界で働く30代の女性会社員・Cさんも、在宅勤務でスーツから解放された快適さを実感しているという。

「スーツを着る時はストッキングやパンプスなど、他に気を遣わなくてはいけないものも多くて、大変でした。在宅勤務ではゆったりめのシャツワンピースを着ています。下半身は楽になるので、オンライン会議にも便利なんです。パンプスも履かなくなったので、それまでは定期的に削っていた足裏のマメもなくなりました。出勤時のストレスから解放されたということもあるのかもしれませんが、スーツを着ていたときにはゴリゴリだった肩凝りもなくなりました」(Cさん)

 コロナ禍を機に、脱スーツの快適さを知ってしまったオフィスワーカーたちは少なくない。こうした意識の変化に、紳士服業界はどう対応していくのか。テレワークスタイルのビジネスファッション展開はもとより、たとえば青山商事がシェアオフィスを展開するなど、新たなジャンルへの挑戦も始まっている。業界全体でコロナ収束後の生き残りをかけた戦いを始めているようだ。