コロナ禍によって自宅で過ごす時間が増加した結果、電気代が増えたという人も多い。今後も、新しい生活様式が定着するならば、できることなら電気代を上手く節約していきたいところだ。そこで、生活に必要な家電における節約術を紹介する。

温水洗浄便座 ふたの開閉で差はある?

 温水洗浄便座は機種により、お湯をためておく「貯湯式」タイプと、使うときに加熱する「瞬間式」タイプがある。広報コンサルタント会社『iPR』代表の奥川浩彦さんが語る。

「貯湯式は設置が安価だが、お湯を保温している分、常に電気代がかかっています。水が温まる時間と電気料金は、夏は3分で0.3円、冬は6分で0.7円。24時間保温すると冬は1日6.2円、1か月で186円に。便座スイッチを入れ、1時間保温したときの電気代は0.56円で、1か月では399.6円になる。また、ふたを開けた状態で0.56円、閉じた状態で0.48円。その差は0.08円と、ふたの開閉で大きな差はありません」

 さらに、1日1回温水洗浄を使用する場合、便座を保温(夏場は消費電力を半分で計算)していると、電気代は年間5340円。便座を保温しない場合は、年間187.5円になる。つまり、温水便座をオフにすれば年間で約5153円のお得になるのだ。

エアコン 設定温度で料金が大きく変わる

 エアコンの電気代は、高くても1時間20〜30円。ただ、1日300円だと月1万円になる。さらに複数台稼働させると、電気代も2倍、3倍になる。エアコンは使い始めに最も電力を消費するといわれるが、これは、室温から設定温度に達するまで時間がかかるため。

 たとえば11℃の室温を、20℃に上げた場合の電気代は2.8円、24℃にする場合は6.8円と倍以上かかる。室温が安定した後で比較すると、20℃では1時間6.2円、24℃では9.8円。設定温度を適正にすることで、電気代はかなり節約可能になる。これは、夏の冷房の場合でも同様だ。

 ただし、エアコンは自動運転機能がついており、この機能を使うと最も効率のいい運転を行うため、自然と省エネになる。つまり、設定温度を24℃から20℃に下げると3円以上の差、自動運転機能を使えばさらなる節約となるのだ。

照明 蛍光灯からLEDに変える!

 照明においては、LED電球に変えると電気代がかなりお得になるといわれているが、どのくらい節約になるのか。1日8時間使用の場合、電球型蛍光灯とでは年間で215円の差。ただし、LED電球は寿命が10年以上持つのに対し、電球型蛍光灯は10年間で約2回の交換が必要になる。LED電球の値段は少々高くても、長い目で見れば総合的にLED電球がお得ということだ。

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2021年3月18日号