みずほ銀行は、交通費や出張費などの経費精算の際、企業から従業員への送金をJ-Coin Payで実現するB2P送金サービスを開始した。

 みずほ銀行は、QRコードを活用したスマホ決済サービス「J-Coin Pay」で、1月14日から企業向けの新サービス「J-Coin Biz」を開始した。

 「J-Coin Biz」は「B2P(Business to Person)送金サービス」と呼ばれるもので、交通費や出張費などの経費精算について、企業から従業員への送金をJ-Coin Payで実現する。企業は銀行振込で利用していた振込データをJ-Coin Bizの専用Webサイトにアップロードするだけで、1件当たり10万円未満の個人宛送金が可能になる。

 企業は、既存の銀行振込よりも安価な支払手数料、着金予定日前日の21時まで依頼可能といったメリットがある。一方、従業員は、J-Coin Payアカウントへの入金金額を預金口座に戻す、QR決済に利用する、あるいは家族や友人へ送金するといったことが無料で可能となる。

 みずほの内部では、昨年12月から従業員の経費精算についてこのサービスを利用しており、J-Coin Payでの送金・受取を実施している。今後は「企業から個人への請求・集金型(P2B型)サービス」も検討している。

MONEYzine編集部[著]