セブン銀行はメタップスおよびその子会社と提携し、法人向けサービスの利便性向上に取り組む。

 セブン銀行と、メタップスおよびメタップスペイメントは1月10日、新たな事業展開に向けた業務提携の推進に合意した。

 メタップスペイメントの持つ多彩な決済手段、銀行が保有しない決済関連サービスとセブン銀行が全国に展開するATMネットワークの連携を図ることによって、法人向けサービスの利便性向上に取り組む。

 これにともないメタップスは、セブン銀行に自社の保有するメタップスペイメント株式の20%を譲渡。メタップスペイメントはセブン銀行の持分法適用会社となる予定だ。

MONEYzine編集部[著]