ロボアドバイザーを提供するウェルスナビは、預かり資産が2,100億円を突破したと発表。SBI証券やじぶん銀行とのパートナーシップも成長に寄与している。

 ロボアドバイザー「WealthNavi」を提供するウェルスナビは1月14日、2020年1月10日時点で、預かり資産2,100億円、口座数27万口座を突破したと発表した。預かり資産が2,000億円を突破した2019年12月23日からひと月たたないうちに、100億円の増加となっている。

 ウェルスナビは金融各社の顧客に向けてカスタマイズしたサービスも提供しており、「WealthNavi for SBI証券」は1月9日時点で預かり資産500億円、口座数6万口座に成長。「WealthNavi for じぶん銀行」でも1月10日時点の預かり資産が30億円を突破している。

 また、ウェルスナビはSBI証券と1月10日から、「WealthNavi for SBI証券」において資金移動サービスをスタート。SBI証券総合口座と「WealthNavi for SBI証券」口座間で資金を直接振り替える(送金する)ことが可能になった。無料提供されるこのサービスによって口座間で振り替えられる金額は、資金決済法に基づき1日あたり100万円が上限となる。

MONEYzine編集部[著]