直撃!! アメリカで支持されるマツダ・モータースポーツの真実とは?<Part1> マツダ株式会社 毛籠勝弘専務執行役員に聞く【インタビュー】

直撃!! アメリカで支持されるマツダ・モータースポーツの真実とは?<Part1>  マツダ株式会社 毛籠勝弘専務執行役員に聞く【インタビュー】

 米国セブリングで開催されたマツダ・グローバルMX-5カップ「世界一決定戦」で、マツダ株式会社 毛籠勝弘専務執行役員に「アメリカで支持されるマツダ・モータースポーツの真実」について直撃した。そこから日本人の知らない真実が見えてきた。 PHOTO ◎ MAZDA GLOBAL MX-5 CUP / MotorFan.jp

「1970年代から北米でモータースポーツに参加してきました」

-----まず、日本企業であるマツダが、北米のモータースポーツ活動に力を入れている理由を教えてください。

「日本の皆さんはあまりご存じないかも知れませんが、マツダはアメリカ市場に1970年に進出し、その年からモータースポーツに参加しています。ロータリー全盛の時代ということもあり、73年にRX-2で初めて勝利を挙げてから継続して挑戦を続けてきました。以来、マツダ本社が主導となり、様々なカテゴリーで戦い続けて実績を積み重ねてきたことで、それが根付いてお客様のファン層が広がりました。こうした流れでディーラーチームがレースに参加するなど、当時からアメリカのモータースポーツは裾野が広かったのが分かります。欧州とは少し異なり、誰もが簡単に参加できるので、かなり多くの人がグラスルーツに参加しています。80年代の後半には、長きに渡ってアメリカで蓄積してきたレース活動に“ミアータ(ロードスター)”が加わることで花開き、ミアータを中心にグラスルーツに参加する人が急速に増えました」

-----なにか大きなキッカケがあったのでしょうか?

「マツダはIMSAシリーズで多くの勝利を挙げたことで有名となり、北米本社でもその頃から継続してグラスルーツに参加するお客様のサポートを継続してきまして、今ではサンデーレーサーの半分以上が“マツダ・パワー”で参加しています。ですので、急に力を入れたのではなく、昔からずっと一貫して続けてきました。それは、マツダがトップカテゴリーから撤退した90年代後半からも、グラスルーツへの支援は変わらずに地道に続けていました。それは地元のファンも良く知っています。“セブンストック”というイベントが開催されていますが、もの凄い数のロータリー車が集まるですが、世界的に見てもアメリカだけだと思います。そういうことで、多くのファンの人たちが、マツダのスポーツカーを守って育ててくれているのです」

マツダはアメリカにおけるグラスルーツを広範囲で支援し、多くの参加者から支持を得ている。

-----マツダのモータースポーツ活動は、ドライバー支援も充実していますね。

「多くのファンの人たちに支えられた状況のなかで、モータースポーツに貢献するという意味では、ドライバーを育成するプログラムを継続してきました。オープンホイールの“ROAD to INDY”とクローズドホイールの“ROAD to 24”のふたつを展開し、多くの若手ドライバーが巣立っていったのです。“ROAD to INDY”は残念ながら今期で終了することを決定しましたが、こうした活動の積み重ねによって、アメリカのモータースポーツでは、マツダのネームバリューやネットワークが広がって信頼されることにつながったと思います」


関連記事

おすすめ情報

MotorFan[モーターファン]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索