縦横無尽。V6代替としての役目も担うトヨタの中排気量4気筒エンジン トヨタ ARシリーズ

縦横無尽。V6代替としての役目も担うトヨタの中排気量4気筒エンジン トヨタ ARシリーズ

■8AR-FTS シリンダー配列 直列4気筒 排気量 1998cc 内径×行程 86.0mm×86.0mm 圧縮比 10.0 最高出力 180kW/5800rpm 最大トルク 350Nm/1650-4000rpm 給気方式 ターボチャージャー カム配置 DOHC ブロック材 アルミ合金 吸気弁/排気弁数 2/2 バルブ駆動方式 ロッカーアーム 燃料噴射方式 DI+PFI VVT/VVL In-Ex/×

 AR系列は、S型→AZ型という系譜を辿るトヨタの2.0ℓオーバー直4シリーズ。横置きのコンベンショナル仕様がベースとなっているが、2011年にカムリに搭載された2AR-FXEからハイブリッド用エンジンが主体となった。

 そこからさらにD・EセグメントのFR用として縦置き設計とした2AR-FSEへと発展。FXEのPFIから燃料供給をDI/PFI併用としたのが目立つが、横置きから縦置きに変更するにあたっては、クロスメンバーや操舵系との干渉が変わるため、オイルパンが大きく変更され、同時にバランサーの配置と回転取り出し位置も異なる。

 トヨタ初のダウンサイジングターボエンジン8AR-FTSは、欧米市場が主要ターゲットとなるレクサスブランド用として2014年に登場。AR系といってもスクエアなボア×ストロークをはじめ、ほぼ新設計といってよい。シリンダーヘッド一体型の4-2集合排気管は、冷却水による水冷式として排気温度を下げ、集合部はツインスクロールとして高効率な排熱回収を狙う。

直噴・ポート噴射併用のD-4Sはターボ用のD-4STに。独自の1噴口スリットインジェクターを採用。燃焼室内に強いタンブル流を発生したところへ最適な混合気を形成するための燃料噴射を行なう。

2AR-FXE

■2AR-FXE
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 2493cc
内径×行程 90.0mm×98.0mm
圧縮比 12.5
最高出力 112kW/5700rpm
最大トルク 206Nm/4400-4800rpm
給気方式 NA
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In-Ex/×

2AR-FSE

■2AR-FSE
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 2493cc
内径×行程 90.0mm×98.0mm
圧縮比 13.0
最高出力 131kW/6000rpm
最大トルク 221Nm/4200-4800rpm
給気方式 NA
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 直接駆動
燃料噴射方式 DI+PFI
VVT/VVL In-Ex/×

■2AR-FE
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 2493cc
内径×行程 90,0mm×98.0mm
圧縮比 10.4
最高出力 134kW/6000rpm
最大トルク 235Nm/4100rpm
給気方式 NA
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 直接駆動
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In-Ex/×


関連記事

おすすめ情報

MotorFan[モーターファン]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索