200万円台中盤で買える! カローラスポーツとインプレッサスポーツ TNGAとSGP ダウンサイジングターボとBOXER

200万円台中盤で買える! カローラスポーツとインプレッサスポーツ TNGAとSGP ダウンサイジングターボとBOXER

カローラスポーツがデビューしたことで、活気づいているのが、Cセグのスポーツハッチバックモデルだ。輸入車まで入れたら、VWゴルフ、プジョー308、アウディA3などのライバルがひしめくが、国産、そして200万円台で買える、となれば、カローラスポーツとインプレッサが直接ライバルとなるだろう。

スバル・インプレッサスポーツ

 カローラスポーツは、1.2ℓ直4直噴ターボ搭載のGグレードの4WD。インプレッサスポーツは、2.0ℓの2.0i-S EyeSightを選んだ。こちらも4WDである。インプレッサは、4ドアセダン版のG4があるが、ここではハッチバック対決ということで、インプレッサスポーツで比較してみる。

 まずは、ボディサイズから。1790mmという全幅を得たカローラスポーツは、ワイドで短いボディスタイルだ。これに対してインプレッサスポーツは、やや細長いスタイルをとる。これは「スポーツワゴン的」な要素を持つインプレッサの出自ゆえだろう。
 だから、室内スペースは、インプレッサスポーツの方が広い。
カローラスポーツが、室内長×室内幅×室内高:1795×1510×1155mm
に対して、
インプレッサは、
室内長×室内幅×室内高:2085×1520×1200mm
となる。

カローラスポーツ G 全長×全幅×全高:4375×1790×1490mm ホイールベース:2640mm

トヨタ・カローラスポーツ

インプレッサスポーツ 全長×全幅×全高:4460×1775×1480mm ホイールベース:2670mm

 両車の成り立ちを見てみよう。それぞれ、トヨタ、スバルの新プラットフォームである、TNGA(Toyota New Global Platform)とSGP(Subaru Global Platform)をベースに開発されている。
 カローラスポーツは、TNGAのGA-Cプラットフォームを採用したモデルの3モデル目(プリウス、C-HRに続いて)、インプレッサは、SGPの最初のモデルである。カローラスポーツは、GA-Cの3モデル目だけあって、新しいプラットフォームの良さを存分に引き出している印象だ。インプレッサは、SGPの最初のモデルだけあって、最新のフォレスター(インプレッサ、XVに続いて3モデル目)の方が、SGPのポテンシャルを生かせている印象だが、インプレッサも基本性能は高い。

インプレッサは、SGPの最初のモデルだ。


関連記事

おすすめ情報

MotorFan[モーターファン]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索