あるようでなかったシエンタSUV【東京オートサロン2019】

あるようでなかったシエンタSUV【東京オートサロン2019】

かつてプロボックスのリフトアップ仕様を出展し、 大きな反響があったというMTG宮城トヨタ。 今回はシエンタで同様のカスタムを施してきた。

黒いオーバーフェンダーと赤いマッドガードが、やる気を感じさせるMTG SUV シエンタ。

ステーションワゴンベースの車高ちょいアゲというと、レガシィアウトバックやボルボXCシリーズがよく知られているが、「シエンタにもあったんだ!」と思わせるくらいの高い完成度を見せる。

そう思わせる理由は、ベース車の雰囲気を大切にするディーラーならではのつくり込みがあるから。それがもっともよく表れているのが、アゲのポイントにもなっている足回りだ。

製作にあたっては、トヨタ系カスタマイズメーカーのモデリスタに相談。市販車向けのアフターパーツメーカーとしてはもちろん、ラリーなどで性能の高さに定評があったTEINに白羽の矢が立ち、ワンオフ車高調をつくることになった。

さらに、車高のアゲ幅も1インチに留めることで、標準車のイメージを崩さない絶妙な高さになっている点にも注目だ。


関連記事

おすすめ情報

MotorFan[モーターファン]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索