〈DS DS7 クロスバック〉フラッグシップに相応しい高級感と上質な走り【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

〈DS DS7 クロスバック〉フラッグシップに相応しい高級感と上質な走り【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

月間登録台数:NO DATA 現行型発表:18年7月 JC08モード燃費:16.4km/ℓ ※ディーゼル車 レポート●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo) フォト●中野幸次(NAKANO Koji)/平野 陽(HIRANO Akio) モデル●森脇亜紗紀(MORIWAKI Asaki)

全幅:1895㎜ 全高:1635㎜ ミラー・トゥ・ミラー2100㎜開口高:785㎜

全長:4590㎜ 最小回転半径5.4m

■主要諸元 Grand Chic Pure Tech
全長×全幅×全高(㎜):4590×1895×1635
室内長×室内幅×室内高(㎜):—
ホイールベース(㎜):2730
トレッド(㎜) 前/後:1625/1605
最低地上高(㎜):200
車両重量(㎏):1590
エンジン種類:直列4気筒DOHCターボ
総排気量(㏄):1598
最高出力(kW[㎰]/rpm):165[225]/5500
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):300[30.5]/1900
燃料タンク容量(ℓ):62(プレミアム)
トランスミッション形式:8速AT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:235/45R20
最小回転半径(m):5.4
JC08モード燃費(㎞/ℓ):14. 7
車両本体価格:542万円

乗降性

前席:助手席シート高680㎜ ステップ高440㎜後席:シート高700㎜ ステップ高450㎜

前席はシート座面のサイドサポートが少し乗り降りの妨げとなるが、それ以外は特に問題なし。後席もドア開口部が少し狭いのは気になるが、ちょうど良い高さにシートがあるため、楽な姿勢で乗り降りできる。

DSブランドの新境地を拓くクロスオーバーテイストが魅力。ジュエリーのようなヘッドライト灯体がキーオンで回転する演出も面白い。標準ホイールは「So Chic」が18インチ、「Grand Chic」系が20インチとなる。

先進安全装備

ステアリング制御付きアクティブクルーズコントロールのDSコネクテッドパイロットを全車に標準装備。衝突被害軽減ブレーキやブラインドスポットモニターも装備される。ドライバーモニタリングシステムは一部に採用。

ボディカラー

インパネ

既成の価値観に囚われない奇抜さこそDSの真骨頂。グレードによってカラーが異なるレザーダッシュにB.R.M製のアナログ時計を備える一方、最先端の8インチタッチスクリーンをフローティングマウントするなど、自由自在なデザイン性で楽しませてくれる。SDナビ、オートエアコンは標準装備と、実用性も申し分なし。

居住性

後席:後席の膝前スペースは約210㎜、頭上クリアランスは約70㎜と、快適な広さを確保。一方でアイポイントはそれほど高くなく、見晴らしも感も乏しい。SUVというよりは、幅の広いワゴンといった印象だ。前席:「Grand Chic」系はバサルトブラックのレザーシートを標準装備。マル チポイントランバーサポートとシートヒーターが備わり、座面前端の長さは手動で調整することができる。デジタルメーターの見た目も新鮮。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き920㎜

後席格納時:奥行き1840㎜ 幅1000㎜ 高さ695㎜

通常時でも大量の荷物を積載できる広大な荷室を完備。フロア手前側の最大幅は約1230㎜となっている。後席シートは6対4分割可倒式で、シートバックをバタンと一発格納できるレバーを荷室側に備える。「GrandChic」系はハンズフリー機能付きの電動テールゲートを標準装備。


関連記事

おすすめ情報

MotorFan[モーターファン]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索