グローバルモデルよりもちょっと短く細身 国内専用新型トヨタ・カローラ(セダン・ワゴン・ハッチバック揃い踏み)

グローバルモデルよりもちょっと短く細身 国内専用新型トヨタ・カローラ(セダン・ワゴン・ハッチバック揃い踏み)

TOYOTAは、セダンのカローラとワゴンのカローラツーリングを車名とともにフルモデルチェンジし、本日から販売を開始すると発表した。

 1966年の誕生から世界150以上の国と地域で販売され、販売累計台数4750万台を超えるロングセラーを誇るカローラ。昨年6月にはTNGAプラットフォームを採用したカローラスポーツを投入したが、今回は新たにセダンの「カローラ」とワゴンの「カローラツーリング」を追加することで様々なライフスタイルに合わせた選択ができるようになったという。

モリゾーこと豊田章男社長もビデオメッセージで登場MS製品企画・チームエンジニアの上田泰史氏コネクテッド機能も強化された

トークセッションは吉田副社長、上田チーフエンジニア、フリーアナウンサーの安東弘樹さん

国内専用設計で従来同等の取り回しを実現

 新型はTNGAプラットフォームを採用したことで低重心なシルエットを実現。ボディサイズは全長:4495mm×全幅:1745mm×全高:1460mm(セダンは1435mm)と従来型よりもわずかに大型化したが、グローバルモデルよりホイールベースを60mm短縮したほか、ドアミラーの取り付け位置やドア断面、ドアドリムの厚みなど日本の使用環境に合わせた専用設計を実施。グローバルモデルと同等の室内空間を確保しつつ、従来型と同等の最小回転半径(5.0m<16,17インチタイヤ装着車は5.3m>)と乗降性の良さを実現したという。

 エクステリアでは、ロアグリルフレームを大型台形とメッシュグリルに統一したほか、ヘッドランプの光源をLED化、ラウンドを強めた一文字形状とすることでスポーティでワイドな顔つきに。また、張り出した前後のホイールフレアや水平基調のリヤコンビランプによってワイドなスタンスが強調されている。

 ワゴンの「カローラツーリング」では、後方への抜けの良いサイドウインドウグラフィックとドアショルダー部で伸びやかさを表現。樹脂バックドアを採用することで立体的な造形となっている。

必要な装備を巧みにまとめたインテリア。スマホとの連携を強化

 インテリアは、インストルメントパネルを薄型・ワイド化することで開放感を演出。部品の合わせや形状・質感の統一など感性品質にこだわり上質感を表現したという。また、Aピラーを細形化することで視界の良さも実現している。なお、最上級グレードである「W×B」のフロントシートには、ファブリックの快適性とレザーの質感を組み合わせた「レザテック」で仕立てたスポーティシートが採用されている。

 さらに、全車に7インチディスプレイと専用通信機のDCMを標準装備(一部グレードに9インチディスプレイをオプション設定)し、スマートフォンと連携させれば日常利用している地図アプリや音楽を利用できる(基本サービスは5年間無料:6年目以降は年払いで3300円または月払いで300円)。9月5日にリリースされたアプリ「LINE カーナビ」を用いれば、音声操作による目的地設定や音楽再生、LINEメッセージの送信などが可能。

 荷室については、セダンの「カローラ」では最上級グレード「W×B」の後席にトランクスルーが可能な6:4分割可倒式を新採用。ワゴンの「カローラツーリング」ではリバーシブルデッキボードを備え、荷室床面の高さを2段階で調節できる。裏面は樹脂製となっており、タフユースにも対応する。

6:4分割可倒式リバーシブルデッキボード


関連記事

おすすめ情報

MotorFan[モーターファン]の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索