2月14日、日産自動車と和歌山日産自動車、日産プリンス和歌山販売は、和歌山県とEVを活用した「災害連携協定」を締結したと発表した。日産自動車が締結した自治体・企業との災害連携協定としては、今回の締結で23件目となった。

今後は和歌山県内におけるEV公用車の活用や、市町村による可搬型給電器導入の支援についても検討

 協定の内容は、和歌山県が『災害に伴う大規模停電が発生した際に、県内の避難所等へ日産の販売会社である和歌山日産自動車、日産プリンス和歌山販売より貸与されるEV「日産リーフ」を電力源として活用し、避難所等の円滑な運営と県民の安全確保に努める』というもの。また、和歌山県内の市町村が日産リーフを必要とする場合にも、和歌山県が日産の販売会社へ貸与の要請を行う。

 平成30年に起きた台風第21号の暴風雨で、多数の倒木や電柱倒壊等の被害を受けたことにより、和歌山県内では34万軒を超える大規模な停電が発生し、その復旧に大変な時間を要した。これを教訓に、和歌山県ではさまざまな停電対策を進めており、「日産リーフ」の活用についても停電対策手段のひとつとして期待されている。また今後、和歌山県内におけるEV公用車の活用や、市町村による可搬型給電器導入の支援についても検討されている。

 一方、日産自動車は、日本が抱える環境負荷低減や災害対策等の課題を解決するため、2018年5月に日本電動化アクション『ブルー・スイッチ』を発表。その活動を牽引するリーダーとして、全国の自治体や企業と協力して、EVの普及を通じた社会の変革に積極的に取り組んでいる。

 日産自動車が推進する『ブルー・スイッチ活動』、そして、和歌山県が推進する防災体制、対策強化の取り組みに両者が賛同し、今回本協定の締結を行う運びとなった。

【協定の概要】
・日産自動車および和歌山日産自動車、日産プリンス和歌山販売は、和歌山県で災害を起因とする停電が発生した際、県(または市町村)が指定する避難所等に、日産販売会社の店舗に配備している電気自動車(EV)「日産リーフ」と充電スタンドを無償で貸与する。
・和歌山県、日産自動車、和歌山日産自動車、日産プリンス和歌山販売の協力により電気自動車(EV)からの給電を行うことで、災害時においても継続して電力が供給できる体制を整え、避難所等の円滑な運営を図り、県民の生命及び身体の安全を守る。

 日産自動車と和歌山県は、今後もこの協定締結を機に、電気自動車(EV)の普及を通じた防災対策における連携を強化していく方針だ。