モーターファン編集部の #Stayhome 妄想シリーズ第三弾! ここのところ屋根裏収納に篭って、1980年代にタイムスリップしっぱなしのワタクシが送る思い出のひとシーン。 スズキ・ジムニー、スバルとくれば.....高濃度な自動車メーカーの雄、いすゞだっ! 今や乗用車から撤退してしまいましたが、 数々の名車を送り出したいすゞが輝きまくっていた1986年へと誘います。 REPORT:森田 準(ニューモデル速報編集部)

モントレー86のパンフレット。日本たばこ産業がスポンサーについていたんですね。CABIN TROPHYです!

 先日写真整理第一弾で出てきたのが1986年と1987年の全日本ラリーモントレーで撮影した写真だった。
 モーターファンのインスタ担当の75姐さんに渡してInstagramとFacebookにアップされているので、あるいはご覧いただいた方もいらっしゃるかと思います。

 一枚目が三菱コルディアで、間違いなく同世代のおじさん達に「イイね」を頂戴した。
ただ、そこそこの枚数を渡したので、75セレクトで一部省かれたものもある。

 で、だめだよ〜! コレを外しちゃ!! ってのが今回あらためて紹介するJT150ジェミニ。

 ラリーファンでなくとも、パリの街中を2台並んでフィギュアスケートのように疾走するCMの映像と、「街の遊撃手。」というキャッチフレーズは覚えている方も多いだろう。
(妙齢の紳士淑女限定。ご存知ない若い読者の方は、ぜひyoutubeで街の遊撃手を検索!)

 それまでFRのクーペ&セダンだったジェミニが、スーパーお洒落なルックスのFFコンパクトハッチ&セダンに生まれ変わったのがFFジェミニだ。

バブル真っ盛りで全日本ラリーも大盛況!

宝台樹スキー場デーライトステージのSS。フェイスブックにはこの写真だけで場所がわかってしまう強者からもコメントを頂戴しました。

 そのFFジェミニが誕生した1980年代半ばは、WRCではセリカやランチア・ラリー037のようなFRマシンから、アウディクワトロに始まり、プジョー205、ランチア・デルタといったモンスター4WDマシンにト主役が交代して盛り上がっていた。

 その影響もあってか、国でもラリー人気が高く全日本線にはエントラントも観客もわんさか!

 そんな1986年の全日本ラリー選手権に、1.5ℓターボのジェミニ・イルムシャーで颯爽と現れたのがいすゞワークス!
 それまでワークス系といえば三菱のラリーアートとリトルジャイアント 綾部美津雄擁するTEAM SUBARUがいたものの、同じマシン、同じカラーリングの3台体制、そしてチームクルーもチームカラーの紺とイエローのウェアでバリッと決めたTEAM ISUZU。
 レオーネ乗りでスバルを応援していた筆者の目にも、そりゃーもう抜群にカッコイイの一言でした!

この年にチャンピオンとなるTEAM SUBARUの綾部選手! ダイナミックでキレた走りは今でも目に焼き付いています。

JAFのリザルトで結果をチェック!

JAF MOTOR SPORTのホームページでは、1979年以降の全日本ラリーの各大会ごとのリザルトが見られます。ただ年間ランキングは出ないようです。

 JAFスポーツのwebサイトでリザルトを辿ってみると、
 シーズン第8戦から参戦を開始し、デビュー戦が6/9/10位とすべてトップ10。
 この第10戦、モントレー86でも4/6/7位と上位に食い込み、デビュー当初から実力を発揮していたようですね。

 さらに、情報をググって探してみると、このジェミニはイギリスのRACラリーにも挑戦していましたね。
 忘れていた記憶が蘇ってきます。
 確かテレビでも密着番組があったような気がするな......。
 VHSで録画したテープもあるかもしれない、自粛GWに探してみるか......見られないけど。

 まったくの余談ですが、当時付き合っていた彼女がクルマを買うと言うので、猛プッシュしてセイシェルブルーのジェミニを買わせて、結構乗りました。
 内外装の雰囲気も、キビキビとしたその走りもCMのイメージ通りヨーロピアンで、イイクルマでした。

 いすゞが乗用車をつくっていないのは、誠に残念です。

おまけ。パンフレットには、いつもお世話になっているキャロッセさんの広告もありました!