2020年10月29日、光岡自動車(ミツオカ)が新型SUV「バディ(Buddy)」のエクステリアデザインを公開した。正式発表は同年11月を予定している。

1970年代のアメリカンSUVをオマージュ

トヨタ カローラや日産 マーチなど国産ブランドの車両をベースに、内外装をリファインして販売している国内自動車メーカーのひとつ、光岡自動車。ガリューやリューギ、Himikoなど数多くのモデルを投入しており、いずれも1940年代前後に販売されていたヨーロピアンテイストのエクステリアデザインをまとう。メッキ調パーツで装飾された丸型のヘッドライト、格子のようなデザインを組み込んだ縦に大きなフロントグリルなど、現代のクルマをクラシックな風貌にまとめられている。

ところが、2018年11月に発売されたミツオカ ロックスターからその潮流に変化が現れてきた。このモデルは、マツダの現行ロードスターをベースにシボレーの3代目コルベットを想起させるエッジの効いたデザインを採用しているのだ。つまり1970年代のアメリカンテイストで、個性的なキャラクターであることと生産台数が200台と少なかったこともあり、あっという間に完売となった。

そして2020年10月29日、ミツオカがニューモデル「バディ(Buddy)」のエクステリアデザインを公開した。かねてより新型の存在を告知されてきたが、デザインの発表は初となる。また、ミツオカにとってSUVの発売も初である。

ドアパネルやルーフラインを見るとわかるとおりトヨタ RAV4をベースとして、ボンネットフードからフェンダー、バンパーまでフロントマスクは再デザインされている。グリルからヘッドライトまでメッキ調のひとつのモジュールにまとめられ、逆スラントノーズや縦二段のヘッドライトなど、懐かしい1970年代のアメリカンオフローダーの雰囲気を感じられる。テールエンドにおいても、テールランプやリアゲートバンパーなどからベースモデルは判別できないほどだ。

グレード展開は5つあり、2L直4エンジン搭載モデル(FF/4WD)と2.5L直4+モーターのハイブリッドモデル(FF/電気式4WD)に大きく分けられる。ボディサイズは全長4730×全幅1860×全高1685mmと、トヨタ RAV4(同4600×1855×1685mm)より全長で130mm長い以外はほぼ同じサイズ感である。

正式発表は2020年11月26日を予定しており、そこで車両価格を含む詳細も公開されるという。

ちなみにモデル名のバディとはスキューバダイビングや刑事ドラマなどでもよく聞かれる言葉で、二人一組の相棒を意味する。「ひとの物語に寄り添い、そばにてくれる相棒であってほしい」という思いが込められているという。