2020年8月6日、フォルクスワーゲングループジャパンは7人乗りコンパクトミニバンの「ゴルフトゥーラン TSI コンフォートラインリミテッド(Volkswagen Golf Touran TSI Comfortline Limited)」を台数限定で8月22日に発売する。車両価格は404万2000円。

純正カーナビやパワーテールゲートなど機能装備を充実化

フォルクスワーゲンの主力シリーズ ゴルフの名を冠したコンパクトミニバンが「ゴルフトゥーラン」。ボディサイズは全長4535mm/全幅1830mmとゴルフ(VII)よりひと回り大きく、全高は1670mmとステーションワゴンのゴルフヴァリアントから180mmほど高くしたイメージ。ホイールベースも150mm延長していることもあり室内空間は広く、3列シートを備えたことによる7人乗車も可能としている。

このゴルフトゥーランに300台限定の特別仕様車「TSI コンフォートラインリミテッド」が追加される。車両価格は404万2000円で、2020年8月22日に発売となる。

カタログモデルでは1.4L直4ガソリンターボ(150ps/250Nm)と2L直4ディーゼルターボ(110ps/340Nm)を用意するが、今回の限定車はグレード名に「TSI」とあるとおり前者のガソリン仕様となる。

ボディカラーは、スポーティグレードのRラインのみに設定されてきたインジウムグレーメタリックを採用。また特別装備としてVICSワイドに対応するSSDカーナビやリアビューカメラなどをセットにした純正インフォテインメントシステム「Discover Proパッケージ」、手を使わずともテールゲートを開閉できる「Easy Open機能付パワーテールゲート」、LEDヘッドライトやシートヒーターなどを採用している。

これだけ装備が追加されたとあれば車両価格も高くなりそうなもの。しかし、この限定車は、ベースグレードの「TSIコンフォートライン(405万6000円)」よりも低価格な設定なので、お買い得モデルと言えそうだ。