今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代のニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「マツダ アテンザ」だ。

マツダ アテンザ(2002年)

カペラの後継としてデビューしたアテンザは、デザイン、シャシ、エンジンはもちろん、車名まで一新して、新生マツダを世に問う入魂のミドルサルーンとして登場した。ヨーロッパではC/Dセグメントと呼ばれる、ミディアム/ミディアムハイのクラスに参入するわけだが、日本市場ではミドルサルーンの人気はなく、コアとなるファミリーユーザーはミニバンやコンパクトカーに移ってしまった。

だが、ヨーロッパなど海外市場では、このクラスは激戦区。海外では「マツダ 6」の名で販売されるアテンザは、このクラスのライバルたちに挑むために、グローバルスタンダードになるべく開発された。

アテンザには、3つのボディバリエーションが設定された。4ドアセダン、「スポーツ」と呼ばれる5ドアハッチバック、そしてスポーツワゴンだ。今回、注目されるのはスポーツだろう。日本のミドルクラスでは絶えて久しいボディ形状だが、なだらかなリアウインドーのラインと短いノッチは、アテンザのシャープなフロントマスクと調和しており、名前のとおりスポーティだ。問題は、このボディ形状が日本でどれだけ人気を得られるかだろう。

ワゴンはスポーツワゴンと呼ばれるように、フロントまわりは5ドアのスポーツと共通だ。リアエンドのガラス面積を減らすことで、ワゴンにありがちな重さを軽減している。セダンは、シンプルなグリルでコンサバティブなスタイルだが、ウエッジシェイプで躍動感を表現している。

インテリアは基本的に3タイプとも共通だ。オーソドックスなT字型デザインのインパネは、メーター類の操作性やスイッチ類の視認性がよく考えられている。カーナビのディスプレイは7インチと大きく、しかもダッシュボード中央からポップアップするタイプ。チタン調のセンターダッシュは質感も高く、そこにレイアウトされたオーディオやエアコンのスイッチ類も扱いやすい。

ヨーロッパで通用するサイズとして全幅を1780mmと比較的ワイドにしたアテンザは、室内の広さも特筆ものだ。リアシートの幅やフットスペースは、このクラスとしてはトップクラスだ。ラゲッジスペースも、セダンが500L、スポーツが492L、ワゴンが505Lと、いずれも十分な容量がある。しかも、スポーツとワゴンのリアシートは座面が沈み込みながらシートバックが倒れる優れものだ。

搭載されるエンジンは2Lと2.3Lの直4 DOHC。今回、主に試乗したのは2.3Lを搭載した5ドアのスポーツ23Sだ。ミッションはマニュアルモードを備えた4速ATのアクティブマチック。新開発のエンジンは高回転までスムーズに吹け上がり、しかも不快なノイズは発しない。低回転では静粛性も高い。215/45という低偏平なタイヤを履いていたが、乗り心地は硬すぎることもなくフラットで快適だ。ステアリングレスポンスも良く、ブレーキの利きもいい。

2Lを搭載したセダンにも乗ってみた。さすがに2.3Lほどのパワー感はないが、タイヤサイズの違いもあって乗り心地は2Lのほうが良く、市街地走行が中心ならパワー的にも不満はないだろう。ただし、組み合わされるミッションは普通の4速ATとなる。世界を目指すマツダのアテンザ。この内容なら、ヨーロッパのライバルたちにも比肩しうるのではないだろうか。

●■マツダ アテンザ スポーツ23S 主要諸元

●全長×全幅×全高:4670×1780×1445mm
●ホイールベース:2675mm
●車重:1390kg
●エンジン形式:直4・DOHC・横置きFF
●排気量:2260cc
●最高出力:131kw(178ps)/6500rpm
●最大トルク:215Nm(21.9kgm)/4000rpm
●ミッション:4速AT
●タイヤ:215/45R17
●当時の価格:230万円