2020年10月21日、日産自動車(以下、日産)は小型SUVのニューモデル「マグナイト(MAGNITE)」を発表した。2021年初頭にインドで発売後、その他の地域でも発売を予定している。

全長4mを切るサイズ。日本での発売は?

マグナイトは、インドでは日産初となる全長4m以下の、いわゆるBセグメントに属する小型SUVだ。日産の事業構造改革「ニッサン ネクスト」における重要なモデルで、2021年初頭にインドで発売後、その他の地域でも発売を予定している。車名の「マグナイト」とは、「Magnetic(魅力のある)」と「Ignite(感情を喚起する)」が由来で、インドをはじめとする成長地域における日産の新時代への思いが込められているという。

マグナイトは日本でデザインされ、インドのユーザーに合わせて開発されている。エクステリアは大胆で斬新なデザイン。シャープなLEDヘッドランプの下にL字型デイタイムランニングライトも採用し、グリルには日産の新しいブランドロゴが入れられ、SUVらしさを際立たせている。

インテリアでは運転席と助手席の空間が広く、室内空間はゆったりとしている。リアシートはひとクラス上のクルマに匹敵するフットスペースを実現している。インフォテインメントシステムには8インチのタッチスクリーンを採用し、スマートフォンに対応している。メーターには7インチの液晶ディスプレイを採用してプレミアム感を高めている。

パワーユニットは、新型の1.0Lターボエンジンを搭載。最低地上高は205mmあるので、荒れた路面でも安心感を与える。ヒルスタートアシスト、前後バンパー下部のシルバー スキッドプレート、ルーフレール、そしてアラウンドビューモニターなど、安全&快適装備も充実している。

このマグナイトが、日本で発売されるかどうかは、いまのところは未定だ。キックスとの関係もあるし、なかなか難しいところだが、反響次第では検討の余地も十分あるのではないだろうか。