都内の終末医療専門医院で現役医師として勤務するかたわら、医療の現場を綴る作家としても活動する南杏子の最新作で、本日5月27日発売の小説「いのちの停車場」の映画化が早くも決定した。

南は現役医師ながら、2016年に現代の終末期医療の在り方を問うミステリー「サイレント・ブレス」にて作家デビューを飾り、瞬く間に話題に。2018年には、日本の医療現場の現実を深堀りし、医師たちの成長や挫折を描いたヒューマンサスペンス小説「ディア・ペイシェント 絆のカルテ」を発表。同作は貫地谷しほり主演でNHKにてドラマ化されることが決定しており、まさにいま熱い注目を集めている作家といえる。

南が今回描きだしたのは、「尊厳死」や「安楽死」といった、現代医療のセンシティブな部分。いまの日本の長寿社会における現代医療制度の問題点や、医療制度のタブーに正面から向き合っており、それに携わる医師や患者、さらにその家族が織りなす感動ドラマとなっている。

数々の社会派エンタテインメントを世に送りだしてきた東映が贈る本作。監督や出演キャスト、公開日などの続報を待ちたい。

文/トライワークス