2014〜2015年にかけてテレビ放送され、現在は劇場版も公開中の「SHIROBAKO」。そんな本作の貴重な資料を展示する企画展「SHIROBAKO展 〜SHIROBAKOで学ぶアニメの作り方〜」が、埼玉県川口市にある「SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム」で開催中だ。

本作は、アニメ制作会社「武蔵野アニメーション(通称ムサニ)」に勤務する制作進行の宮森あおい(通称みゃーもり)を中心に、アニメーターの安原絵麻、新人声優の坂木しずか、CGクリエイターの藤堂美沙、脚本家を志望する大学生の今井みどりら5人がそれぞれの夢を追いかける物語。アニメ業界で働く人たちの熱い思い、世知辛い現実などもリアルに描き、話題となった。
今回の企画展では、原画や脚本はもちろん、絵コンテにキャラクターデザイン、美術ボードなどがセクションごとに設置され、どのようにアニメ制作がおこなわれるのかを学ぶことができる。先日おこなわれたプレス内覧会に行ってきたので、展示内容の紹介、偶然来館していたキャストからのメッセージとともに作業工程の流れを追っていきたい。

■「SHIROBAKO展」に潜入!キャラクターや背景のデザインがぎっしり
「SHIROBAKO」のテレビシリーズ第2クールでは、劇中アニメ「第三飛行少女隊」の制作プロセスが描かれていた。本作のように、プロデューサー陣を中心に企画が立ち上がり、監督やキャラクターデザイン、脚本家といったスタッフが集められていくところから制作は始まる(監督が企画の持ち込みをおこなう場合も)。その後、大まかなプロットが決められ、ストーリーやキャラクター&メカニックのデザイン、美術背景といったフローに分かれ、監督の指揮のもとでそれぞれの作業がおこなわれていく。

上記についての簡単な工程の展示を確認したあと、まず目に入るのが壁一面にかけられた登場人物たちの“キャラクターデザイン”。いろいろな角度から見た顔の輪郭や表情、目の色彩、髪のなびき方や立ち姿まで詳細に描き込まれている。キャラクターは作品の顔であり、後述のアニメーターにとっての指針にもなるので、劇中でも初めてキャラクターデザインを担当することになった実力派アニメーターの井口祐未が苦心する姿が印象的だった。

キャラクターデザインが進められるのと同時に、“脚本”や“絵コンテ”も動きだす。テレビアニメの場合、一人の脚本家がすべてを担うのではなく、“シリーズ構成”という全体の物語の流れを指揮する人がいて、シリーズ構成を含む複数の脚本家によって各話のシナリオが振り分けられる場合が多い。
絵コンテも監督のほか、各話を担当する演出家によって描かれる。この絵コンテがアニメでいう設計図のようなものになり、これが完成しないとアニメーターたちは仕事をすることができない。劇中では、こだわりが強く煮詰まりやすいお騒がせキャラの木下誠一監督が絵コンテを遅らせてしまい、何度も作業を滞らせていた…。

作品を構成する重要な要素として“背景”も忘れてはいけない。キャラクターをのせる絵が必要だからだ。作品の世界観を表現するうえで欠かせないセクションで、劇中でも雲を描くのが得意な渥美裕治に美術監督を依頼するシーンがあった。企画書をもとに、背景の基本デザイン・設計図となる美術設定、背景美術の見本となる美術ボードが作成される。

キャラクターデザインや背景のほか、“メカ・プロップ設定”と呼ばれるセクションもある。ここでは、作品に登場するメカニックやプロップ(小道具)などのデザインがおこなわれている。ロボットや車から、バッグやスマートフォンといった持ち物までその内容は様々だ。

■いまにも動きだしそうな原画に見入ってしまう!

次はいよいよ“アニメーター”のコーナーに。アニメーターの作業には、レイアウト、原画、動画などがある。レイアウトとは、絵コンテを元に描かれた画面の構図で、キャラクターの配置や背景が描かれている。レイアウト演出チェック、レイアウト作画監督チェックを経て、できたレイアウトが背景セクションに渡り、背景美術が発注される。
原画は、動きの要所(動き始め、節目となるポイント、動きの終わり)を描いた絵素材のことで、このセクションを担当する人は原画マンと呼ばれる。動画とは、原画をクリンナップし、その間の動きをさらに割って(足して)、一連の動作としてアニメーションにしたもので、担当者は動画マンと呼ばれる。通常30分アニメ1話あたりに約3000枚の動画が必要になると言われており、正確さと物量が求められる。アニメーターの多くが動画で経験を積み原画に上がるが、動画専門で活躍する人もいるようだ。ブースには、劇中の印象的なシーンを切り取った原画が飾られており、笑いや感動などの感情が呼び起こされる。また、束になった動画も設置され、パラパラ漫画のように閲覧することも可能だ。

デザイン、原画や動画は手書きでおこなわれるが、デジタル技術の進歩に伴い、“3DCG”でおこなわれることも珍しくなくなった。劇中でも、「手書きか3DCGか」という議論が交わされており、ベテランアニメーターが3DCGクリエイターに手書きアニメーションのコツを教え、その一方で、手書きにこだわるアニメーターが3DCGに反発する姿も描かれていた。

■作業も大詰め!彩色などの体験ブースも

原画や動画のあとは、“仕上げ”という作業に移り、できあがった絵に彩色が施されていく。かつては絵に直接色を塗っていたが、現在はデジタルデータとして取り込み、パソコン上でおこなわれる。館内には彩色を体験できるコーナーも設置されており、塗り絵みたいに遊ぶことができる。

作業も大詰めになり、“撮影”から“編集”へと進行していく。ここまでの工程でそろった素材を合成するのが撮影で、セル画時代に動画や背景美術を物理的に重ねて、真上からカメラで1枚ずつ撮っていたことに由来する。“仕上げ”と同じく、いまはパソコン上で作業され、光やぼやけの表現などの特殊効果もここでおこなわれる。
映像とは別に、“音響”のセクションでは、声優によるアフレコや主題歌、劇判、BGM、効果音などの収録が進められている。映像にこれらの音をあてて、尺などを調整しながら、映像作品として仕上げるのが編集になる。

そして、これらの作業が円滑に進むように、スタッフ・予算・スケジュールを管理するのが、主人公のみゃーもりが担当する“制作進行”だ。スタッフ同士の橋渡し的な役割で、高い伝達能力や情報処理能力が求められる。ムサニのトラブルメーカー、高梨太郎による指示伝達の不備で、セクション間が対立する様子も劇中では描かれていた。

アニメ制作にまつわる資料のほか、予告やCM、劇中映像を流すスクリーンやグッズの展示、記念撮影ができるパネルなども設置。ファンが楽しめるのはもちろん、作品を知らない人もアニメ作りの奥深さを感じることができる、充実した内容の展覧会になっている。

■アニメ制作出身のキャストが語る「SHIROBAKO展」の見どころ

遅れがちなスケジュールに気をもみながらもアニメ制作にかける情熱は熱いプロデューサーの葛城剛太郎を演じるこぶしのぶゆき、劇場版で初登場した引っ込み思案の3DCGクリエイター、奥戸真衣役で作品に参加した湯浅かえでが「SHIROBAKO展」を訪問。それぞれ、制作進行、撮影としてアニメ制作にかかわった経験を持つキャスト二人に、展覧会の見どころや感想を語ってもらった。

こぶしのぶゆき(葛城剛太郎役)
「ちょっとしたかゆいところに手が届く。アニメを作る作品だからこその着眼点があると思いました。特に気に入っているのは“対比表”ですね。キャラクターを実際の身長比で並べたもので、それを拡大したものが壁に張ってあります。僕が制作進行をしていた時代はアナログで、コピーで縮小したり拡大したりしながら、どんぴしゃのサイズにそろえていたんですよ。あとは、美術設定や美術ボードがあるのもすばらしいです。キャラクターに注目する人は多いと思うのですが、背景さんも高いクオリティの絵を何カットも描いています。普段あまり意識していない方は、この展覧会で端から端まで舐めるように見てほしいです!」

湯浅かえで(奥戸真衣役)
「アニメ制作は分業で、それを一つずつピックアップできるのは、『SHIROBAKO』という作品の強みだと思います。セクションで分けて、それぞれが掘り下げられていたので、とても見応えがありました。私は劇場版から作品に参加したのですが、演じた奥戸真衣が3DCGのスタッフということもあり、アニメ制作経験者としても気持ちがリアルにわかる気がしました。『いつになったら上がるのか自分でもわからない』など、実際に体験したようなセリフもありましたね(笑)。展覧会に来場される方は、この作品が好きなのはもちろん、アニメ制作に興味を持っている方も大勢いらっしゃるかと思います。アニメの真髄、深い世界を知ってもらうきっかけになればいいですね!」


取材・文/平尾嘉浩(トライワークス)