ジョニー・デップの娘リリー=ローズとの破局が4月に明らかになったティモシー・シャラメ(24)に、早くも6歳年上の女性とのロマンスが発覚した。

お相手は、細身のリリーとは対照的なダイナマイトボディの持ち主で、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(19)でマダムM/マルガリータを演じているメキシコ人女優のエイザ・ゴンザレス(30)。

男女の友人らしき人物も一緒だったようだが、セレブ御用達のメキシコのリゾート地カボサンルーカスのプールサイドで、白いハイレグビキニのエイザと青いトランクス型の海水パンツのティモシーが、ギターを弾いたり、エイザの髪をなでたりキスをしたり、仲良く見つめあっている様子などが「Daily Mail」に捉えられている。

ロバート・ロドリゲス監督作「フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ」でアメリカ進出を果たしたエイザは、スペイン語、英語、イタリア語も堪能で、恋愛遍歴も豊富。歌手ファーギーとの8年間の結婚生活に終止符を打った俳優ジョシュ・デュアメル、リアム・ヘムズワース、テイラー・スウィフトの元彼カルヴィン・ハリス、クリスティアーノ・ロナウドなどと浮名を流している。

一方のティモシーは、2018年からリリーと交際していたが、今年4月に雑誌のインタビューでシングル宣言し、リリーとの破局が明らかになったばかり。リリーとの交際の際にもリリーがティモシーの顔を押さえて情熱的にキスを交わす様子などがパパラッチされていたが、今回のキスシーンもそのパターン。しかし写真を見る限り、冷静だった前回に比べてティモシーは終始笑顔で、年上の女性にぞっこんといった感じだ。

NY在住/JUNKO