新型コロナウイルス感染拡大の影響により公開延期となっていた映画『糸』が8月21日(金)より公開されることが決定した。発表にあわせて主演の菅田将暉、小松菜奈が率直な思いをコメントで寄せた。

本作は、糸を人に見立てて“男女の出会いの奇跡”と“絆”の大切さを歌った中島みゆきのヒット曲「糸」をモチーフにしたラブストーリー。北海道、東京、沖縄、シンガポールを舞台に、北海道のチーズ工場で働く漣(菅田)とグローバルに働くことを夢見る葵(小松)の平成元年生まれの男女の出会いと別れ、そして平成の終わりに再会するまでの18年間を描いている。

今回の発表に際し、菅田は「運命はいつも残酷で、僕らにはなにも教えてくれない。この数か月世界中が、人とのつながりに飢え、一度立ち止まり、考えました」とコメント。小松も「いつもの日常が180度変わったいま。会えることが当たり前で過ごしていたなかで、会ってはいけないという選択肢に変わることってあるんだ。会わないことが相手を救える、何度考えてもやっぱり不思議な日々でした」と綴り、ともにコロナ禍で感じたことを明かしている。

そのうえで菅田は公開日が決定したことを受けて「それどころじゃないかもしれませんが、一つでも日常が戻ってくることが僕は純粋にうれしかったです」と、世の状況に配慮しながらも喜びを明かし、小松もうれしさとともに「この''糸''が人と人との仕合わせにつながりますように、そう願っています」と独特の表現を用いて語っている。

新しい生活様式を求められる令和に、人と人のつながりを描いた『糸』。困難な状況を乗り越え再始動を迎えた “愛と絆を物語”を劇場で見届けたい。


<キャスト コメント>

●菅田将暉(高橋漣役)

「運命はいつも残酷で僕らにはなにも教えてくれない。この数か月世界中が人とのつながりに飢え、一度立ち止まり、考えました。
そんななか公開できそうだと聞いた時は、純粋にうれしかったです。それどころじゃないかもしれませんが、一つでも日常が戻ってくることが、ぼくは純粋にうれしかったです。
この巡り合わせがまた小さな救いでありますように。この映画が人と人とをつなぎますように。どうかよろしくお願い致します」

●小松菜奈(園田葵役)
「いつもの日常が180度変わったいま。会えることが当たり前で過ごしていたなかで、会ってはいけないという選択肢に変わることってあるんだ。会わないことが相手を救える。何度考えてもやっぱり不思議な日々でした。失うものあれば得るものもある。いろんなことを感じ、考える時間のなかで改めて人と人のつながりこそが救いだと感じました。
そんななか、映画『糸』公開されることが決まり、素直にとてもうれしく思います。ありがとうございます。皆さんのいまにどう映るのか、楽しみにしていてほしいです。
この”糸”が、人と人との仕合わせにつながりますように。そう願っています。よろしくお願いします」

文/トライワークス