株式会社KADOKAWAと埼玉県所沢市が、みどり・文化・産業が調和した地域づくりを共同で進めるプロジェクト「COOL JAPAN FOREST構想」の拠点施設として2020年11月6日(金)にグランドオープンする「ところざわサクラタウン」。それに先駆けて8月1日(土)、同施設内に「角川武蔵野ミュージアム」がプレオープン。竣工記念展として「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生−石と木の超建築」が開催されることが決定した。

昨年完成した国立競技場を手掛けた建築家・隈研吾が手掛けた「角川武蔵野ミュージアム」は、図書館と美術館と博物館が融合する文化複合施設。花崗岩の板材をまとったその外観は、武蔵野台地の地殻から隆起したようにダイナミックにそびえ立つ多面体の建築となっており、これまで世界中の多くの美術館を手掛けてきた隈建築のなかでもひときわ異彩を放つ仕上がりに。

その竣工を記念して行われる本展では、隈がこれまでに携わった石の建築と木の建築を紹介していく。石の建築では本ミュージアムの外観・内部空間、周辺のランドスケープデザインが公開されるとともに、構想から設計、実際の工法に至るまでを豊富な資料で解説。さらに隈をはじめ本ミュージアムの構想・建設に関わった関係者によるギャラリートークや関連書籍の出版、スタッフによるミュージアムツアーなども実施されるとのこと。

また、隈研吾建築都市設計事務所が展示計画を行なった展示空間も見どころのひとつ。グランドギャラリーに設置された展示台には「CLT HARUMI PARK」や「V&A Dundee」など近年の代表作の模型群が展示されるほか、11月に開館するミュージアム内の図書館「エディットタウン」の木製書棚の実物台モックアップや、壁面全体を使ったスライドショー。写真家・新津保建秀が撮り下ろした200カット以上の建築写真がロール・プロジェクションで映しだされるなど、見どころ満載の展覧会となっている。

この8月1日のプレオープンに合わせ、1階の「グランドギャラリー」に加え「マンガ・ラノベ図書館」、さらに2階のカフェもオープンする予定。是非とも一度足を運んでみてはいかがだろうか。
「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生−石と木の超建築」は8月1日(土)から10月15日(木)まで開催。完全事前予約制となっており、チケットは7月15日(水)より角川武蔵野ミュージアム公式サイトにて発売される。


<コメント>
●松岡正剛館長
「いよいよ角川武蔵野ミュージアムがプレオープンします。日本列島を巻きこんだ新型コロナウイルス・パンデミックの余波で少々の計画変更をしましたが、ようやくみなさんの前に姿をあらわすことになりました。
先頭を切るのはミュージアムの駆体と意匠をデザインした隈研吾さんのユニークな展覧会です。私は『有角建築』と名付けてみました。ミュージアムの外では、同じく隈さんが設計した武蔵野坐令和神社(むさしのにますうるわしきやまとのみやしろ)も、夏越の大祓を了えてみなさんを迎えます。
このミュージアムは従来のようなパビリオンではありません。武蔵野の大地の一隅に出来(しゅったい)した万物万象をいかし、図書館と博物館と美術館が有機的に融合しているのです。さまざまな情報コミュニケーション機能も組み合わさっています。私たちの『想像力』が拡張されていくミュージアムなのです。まずは、隈研吾展の『構え』と『ディテール』と『物語の意図』を堪能してください」

文/久保田 和馬