故ポール・ウォーカーの娘メドウが、久しぶりに自身の公式Instagramに投稿した笑顔の写真が話題を呼んでいる。

6月2日に黒塗りの画像を投稿し、「Black Lives Matter(黒人の命は大切だ)」のサポートを表明して以来、一連の関連写真以外では自身の写真を投稿していなかったメドウ。6月21日の父の日にも、昨年のポールの誕生日(9月12日)に、自身とポールのInstagramに投稿したのと同じ、ポールと幼少時代のメドウの2ショット写真を、今回はポールのInstagramにのみ投稿していた。

しかし6月28日に「無事でいてね」というキャプションと共にマスクをした自身の写真を投稿したのに続いて、「家族は永遠」というキャプションと共に4ショット写真を投稿。メドウ以外の3人は、ポールの共演者で親友のヴィン・ディーゼルの子どもたちだ。

ヴィンには、ガールフレンドのパロマ・ジメンネズとの間に12歳の娘ハニアと10歳の息子ヴィンセント、そして2013年11月に急逝したポールの名を取ってポーリーンと名付けた5歳の娘がいる。4月にも、メドウが、ポールが最も情熱を注いでいた海洋生物のための「ポール・ウォーカー財団」主催で海洋生物のスケッチを呼び掛けたところ、ヴィンは3人の子どもたちがカワウソを描いた動画をメドウに送るなど、コロナ禍でもメドウを気にかけていたようだ。しかし、リモートと実際に会えるのとでは大違いだろう。

これまで投稿されたメドウの表情は寂しげだったが、久しぶりの笑顔に、「メドウが笑っている!」「いつも寂しそうだったけど、笑顔になれて安心した」「笑顔も美しい」「パパはいないけど、家族に会えてよかったね」「ヴィンは素晴らしい!」「頑張れメドウ」といった声が寄せられている。

NY在住/JUNKO