King & Princeの永瀬廉が主演を務め、8月14日(金)より公開となる実写映画『弱虫ペダル』。伊藤健太郎、橋本環奈ほか豪華キャストで話題を集めている本作をより楽しむための注目ポイントを、原作漫画をもとに探っていく。

まずは、”オタク高校生がロードレーサーに!”という導入をチェック。永瀬が演じる小野田坂道は運動が苦手で友だちもいないアニメオタク。総北高校に進学した坂道は、アニメ研究部入りを熱望するも部員不足で休部という事態に絶望するが、思わぬ転機が。実はアニメの聖地である秋葉原まで往復90kmの道のりを、ママチャリで激走しているという彼の素質が自転車競技部の目に留まったのだ。やがて練習やレースで努力を重ねることで才能を開花させた坂道は、自転車で走る楽しさを知っていく。

次のポイントは、坂道が入部する自転車競技部の”個性豊かなキャラクターたち”。高校入学前から数々のレースで好成績を残している今泉俊輔(伊藤)は、坂道が自転車競技を始めるきっかけとなる存在。坂道とは好敵手として熱い関係をはぐくんでいく。
さらに、熱血スプリンターの鳴子章吉(坂東龍汰)、無口で冷静沈着な部長の金城真護(竜星涼)、独特の走りで”ピークスパイダー”の異名を持つ巻島裕介(栁俊太郎)、”暴走の肉弾頭”と呼ばれる巨漢の田所迅(菅原健)が、合宿やレースで困難を乗り越えながら互いに絆を深めていく。彼らのあふれる個性を伊藤をはじめとするキャスト陣が自然体の演技で体現し、観る者を物語にグッと引き込むだろう。

そして、ドラマチックなレース展開も重要なポイントだ。チーム戦である自転車競技では、仲間のだれかが競合チームとの駆け引きのなかで全力を振り絞り、犠牲になることも。勝利のために体力の限界を越えて勝負をかける展開は、時に残酷に見えるかもしれない。だが、それを乗り越えて仲間に希望をつないでいく彼らの戦いに心打たれずにはいられないはずだ。

アニメ、舞台、小説、ドラマと様々なメディアミックス展開で原作ファンのみならず自転車ファンにも愛され、さらには自転車ブームを盛り上げた「弱虫ペダル」。この夏は、若手俳優たちが魅せる実写映画ならではの新たな“胸アツ”展開に期待しよう!

文/トライワークス