7月3日にオープンし、アニメ映画の特集上映も盛況のTOHOシネマズ池袋で「2020夏のガルパンまつり」の開催が決定。『ガールズ&パンツァー 劇場版』(15)をはじめとするシリーズの劇場公開作品が、極上の音響体験を可能にするサウンドシアターで上映される。

「ガールズ&パンツァー」シリーズといえば、作品とのかかわりが深い大洗&水戸や宇都宮、”爆音上映”で知られる立川などでの上映イベントがファンにはおなじみだが、池袋は2017年末に原画展「ガールズ&パンツァー博覧会」が開催された場所でもある。そんな縁ある地の新劇場では、複数のサウンドシアターのコンセプトを活かし『〜劇場版』と『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』(17)、『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』(19)の3作品を3つの音響バージョンに振り分けてラインナップ。

まず前半の7月6日(月)〜9日(木)は、「良音!ガルパン」と題し『〜劇場版』を、「ATMOS!ガルパン」と題し『〜最終章 第1話』と『〜最終章 第2話』を上映。後半の7月10日(金)〜16日(木)は、3作品を「轟音!ガルパン」として上映する。音響にもトコトンこだわったシリーズ各作品の”響き”を、新しい劇場でじっくり聞き分けて堪能してほしい。

文/トライワークス