1990年代に実写映画が世界的ヒットを記録した人気作の、初のアニメーション映画『アダムス・ファミリー』が9月25日(金)に公開決定。女優の杏や生瀬勝久、ロバート秋山、LiLiCoが日本語吹替版のキャストとして参加することが発表された。

本作は、アルフレッド・ヒッチコックやティム・バートンに多大な影響を与えたといわれる、チャールズ・アダムス原作の漫画をもとにした作品。故郷を追われ、丘の上の荒れ果てた屋敷で暮らすモンスターの夫婦ゴメズ&モーティシアと子どもたちの日常を、ひねくれたユーモアセンスを織り交ぜて描きだす。

これまでも『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』(15)、『グリンチ』(18)などで声の演技に定評のある杏は、モーティシア・アダムス役に抜擢。「キャスト陣のお名前を伺っただけでも、とても風変わりでおもしろいファミリーになるのではないかと思います」とコメントを寄せている。
そのコメントの通り、共演陣にはユニークな顔ぶれが集結。生瀬は一家の父ゴメズを、秋山はゴメズの兄であるフェスターおじさんをそれぞれ演じるほか、LiLiCo(マーゴ・ニードラー役)、井上翔太(グレン役)の名前が発表されている。

長年アメリカで愛され続けるユニークなキャラクターたちが劇場アニメとしてどのように描かれるのか。映画オリジナルキャラクターも登場する新しい“ファミリー”の物語に期待したい。


<キャスト コメント>

●杏(モーティシア・アダムス役)

「子どものころ見ていた『アダムスファミリー』が、現代に復活する、さらに声優として参加できると聞き、とてもうれしく思っています。生瀬さんと夫婦役を演じさせていただけるのも楽しみです。ゴメズがどこか生瀬さんに似ている?と思ったのですが、私もどこかそうなのかもしれません。キャスト陣のお名前を伺っただけでも、とても風変わりでおもしろいファミリーになるのではないか?と思います。はたして今回はどんなことをしでかすのか?みなさまにすてきな作品をお届けできるよう、これからのアフレコを頑張ります。お楽しみに!」

●生瀬勝久(ゴメズ・アダムス役)

「今回、ゴメズ役のオファーをいただき、作品を拝見して驚きました!私ですよね!?ゴメズ、私です。あそこまで恰幅はよくありませんが、あの目つきは私です。陽気でイタズラ好きはまんま私ですし、シニカルなところも生き写しです。キャスティングの方、グッジョブです!私は声優ではないので、吹き替えは慣れていませんが、気持ちを込めて命を吹き込めればと思っております。ぜひとも劇場でお会いできれば幸いです」

●ロバート秋山(フェスター・アダムス役)

「このような世界的に有名なファミリーの一員の声を務めさせていただきとても光栄です。まさかこのファミリーからビジネスのお声をかけていただけるとは思ってもおりませんでした。このようなチャンスはもう二度とないと確信しておりますので、北九州・秋山ファミリーの代表として一生懸命頑張らさせていただきます。失礼いたします」

●LiLiCo(マーゴ・ニードラー役)

「『アダムス・ファミリー』を観てから、ずっと縁を感じていました。なんか他人と思えない、絶対につながってると予感していました。長い月日が流れ、ここかっ!キタァーーーー!ファミリーの一員ではないが、マーゴはインテリアデザイナーで家をすてきにするのが大好き。私も個人的に同じです。そんな番組に出演するのが目標の私にとってはなんだか2つの夢が一気にかなった気分です。思いっきりこのキャラクターの感情的な喜怒哀楽を楽しんで、この作品をかき回したいと思っています!」

●井上翔太(グレン役)

「このたびグレン役を務めさせていただくことになりました井上翔太です。歴史ある『アダムス・ファミリー』という素晴らしい作品に参加させていただき光栄です。今回僕が演じるオリジナルキャラクターのグレンを全身全霊で挑み、劇場でみなさまに楽しんでいただけるようキャスト、スタッフのみなさまと力を合わせて取り組んで参ります」

文/トライワークス