現在、家族と共に、フランスのコルシカ島でバカンスを楽しんでいるモナコ公国のシャルレーヌ公妃が、久しぶりに王室の公式Instagramで、双子の子どもたちジャック公子、ガブリエラ公女の姿をお披露目した。

「People」などによればこの写真はシャルレーヌ公妃が撮影したもので、ビーチで、アメコミキャラクターのワンダーウーマンのトップスを着ているガブリエラ公女と、サメがプリントされた白とグリーンベースのトップスに海水パンツ、ブルーの野球帽をかぶったジャック公子が手をつなぎ、親指を立ててポーズを取っているショット。2人ともお得意のサングラスをかけているが、サングラス越しにもガブリエラ公女はカメラ目線、ジャック公子は、そちらの方向に父親のアルベール2世大公でもいるのか、ただ照れくさいだけなのか、左側を向いている様子が見て取れる。

Instagramへのコメントは制限されているが、このニュースを取り上げているさまざまなメディアには、「とにかく可愛い!」「ジャック公子はシャルレーヌ公妃に似て、立っているだけで絵になる」「5歳でサングラスが似合うなんてクール」といったコメントが寄せられている。

一見すると家族での楽しいバカンスのように見えるが、元競泳選手のシャルレーヌ公妃は、9月12日と13日に開催される「The Crossing」のため目下トレーニング中。これは、コルシカ島のカルヴィからモナコまで180キロの距離を水上自転車で競うレースで、Instagramには、主催者であると同時にレースに参加するためトレーナーについて猛レッスン中のシャルレーヌ公妃が、サンセット後に水上自転車をこいで練習に励む様子を捉えた写真や動画も投稿されており、休暇とトレーニングを兼ねたバケーションのようだ。

NY在住/JUNKO