7月末〜8月頭にかけて発表され、話題になったアニメ関連のニュースをファンの声とともにおさらい。特撮シリーズや国民的アニメの展覧会、名作クレイアニメのファンブックなどを中心に紹介する。

■巨大ジオラマなどゴジラの世界観が楽しめる「ゴジラミュージアム」がオープン!
兵庫県淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」にオープン予定の新アトラクション「ゴジラ迎撃作戦 〜国立ゴジラ淡路島研究センター〜」。このオープンに先がけ、同アトラクションの一部で、ゴジラの世界観を体験できる「ゴジラミュージアム」が8月31日(月)まで開催中だ。

撮影用のゴジラスーツやビル群などを使用し、数々の名シーンを再現した巨大ジオラマを展示。『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(03)や、『シン・ゴジラ』(16)の東京駅での戦いなど、大迫力の映画のシーンが目の前に広がる。このほか、約80体の怪獣フィギュア、小道具、貴重な資料も設置され、オリジナルグッズも販売される。

このニュースにファンは、「『ゴジラミュージアム』なんてずっと夢見てきたことだ!」、「淡路島に『ゴジラミュージアム』とか最高じゃん」、「『シン・ゴジラ』の東京駅ジオラマはすごいぞ!」といったコメントを次々にSNSにアップ。ワクワクが止まらない様子が伝わってくる。

■リアルなサザエさん一家が話題に!テレビアニメ放送開始50周年の展覧会が開催
1969年10月5日に放送スタートした国民的アニメ「サザエさん」。2019年に放送開始50周年を迎えたことを記念し、「サザエさん展 THE REAL」が京都の大丸百貨店6階にある大丸ミュージアムにて8月12日(水)〜24日(月)の期間で開催される。

“THE REAL”という名前の通り、見どころは特殊メイクで再現されたサザエさん一家たち。日本を代表する特殊メイクアーティストAmazing JIRO率いる"自由廊”軍団により、顔の形、目、耳、鼻、口などがアニメのサイズそのままに、一本ずつ植え込まれた髪の毛や毛穴、シワのエイジングまでリアルに立体化されている。このほか、茶の間の完全再現にアフレコ体験コーナー、「カツオの縁側ボーリング」や「マスオのパンケーキダーツ」などアニメのエピソードをベースにした縁日ゲームで遊ぶことができる。

展示の画像を見たファンからは、「リアルすぎて笑った」や「波平、怖い…」「これ子どもが泣くよ!」などのコメントが飛び交っている。あまりのリアルさに、不気味に感じつつも興味津々といったところか。

■「ピングー」の“40年”が詰まったファンブックが発売に!
スイスで生まれ、世界中で愛されているクレイアニメ「ピングー」。愛らしいコウテイペンギンのキャラクターによるほのぼのとした日常を描く作品で、2020年で誕生から40周年を迎える。これを記念して、8月12日(水)〜9月2日(水)までの期間、松屋銀座で「ピングー展」が行われ、さらにピングー展公式ファンブック「Enjoy! Pingu」も限定販売される。

ピングー展アートディレクターの祖父江慎がカバーデザインを担当し、40年分のピングーが詰まった貴重な資料となっている。キャラクターや世界観の説明、制作資料、原作者オットマー・グットマンの思い出を綴ったエッセイなどが収録。売り切れ必至のアイテムで、ファン同士の争奪戦が予想される。

「限定販売って言われると焦る!」、「これは買わねば!」といったファンのコメントからも、ソワソワしている姿が想像できる。

■「鷹の爪」の吉田くんがオンライン講座の講師に?
アニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」を運営するターナージャパン株式会社と株式会社ジュピターテレコムが、アニメの制作工程の一部を体験できる参加型イベント「カートゥーンアニメスクール」を企画。その第1弾として、小学生以上の子どもを対象に、「鷹の爪」シリーズのキャラクターデザインが学べる「鷹の爪団 吉田くんが教える!怪人キャラクターデザイン オンライン講座」を9月12日(土)14時よりオンラインで開催する。

VTuberとなった吉田くんが先生役を務め、アニメの制作工程をレクチャー。アニメ作品によく登場する「怪人」をテーマに、参加者がキャラクターデザインを実際に体験する内容に。さらに、本作の制作のほぼすべてを手がけるFROGMAN監督への質問コーナーも予定されている。

このほか、高橋留美子原作の人気漫画「犬夜叉」の登場人物、殺生丸と犬夜叉の娘たちの物語を描くテレビアニメ「半妖の夜叉姫」が制作され、10月3日(土)より放送されることも決定。PVやキャスト発表のニュースが話題となり、11月7日(土)より開催される初の展示会「犬夜叉-アニメの軌跡展-」にも注目が集まっている。

※記事初出時、施設名の表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

文/トライワークス